• 会員限定
  • 2023/10/21 掲載

なぜイスラエル政府は「史上最大の軍事作戦」を展開するのか、それでも長期化のワケ

連載:小倉健一の最新ビジネストレンド

記事をお気に入りリストに登録することができます。
10月7日、イスラム武装組織ハマスはイスラエルへの大規模攻撃を開始し、世界に衝撃を与えた。衝突は激化し、双方の犠牲は日々膨らんでいる。今、イスラエルで何が起きているのか。遠い中東の出来事で、私たち日本人の常識などまったく通用しない地域について、わかりやすくお伝えしていきたい。

執筆:ITOMOS研究所所長 小倉健一

執筆:ITOMOS研究所所長 小倉健一

photo
なぜ今、ハマスはイスラエルに大規模攻撃をしかけたのであろうか
(出典:The New York Times/Redux/アフロ)

現代でも受け継がれる「ハンムラビ法典」

おぉ、イスラエル!1つの目に1つの目ではない!1つの目には2つの目だ!そして、なんであれ屈辱に対してはすべての歯だ!(ヨセフ・ハイム・ブレンナー)

 ──この言葉こそ、現在のイスラエルの過剰にも思えるガザ地区への攻撃を想起させるものかもしれない。

 イスラエルの軍事的思考の1つは、すべての攻撃に対して、1対1で反撃を加えることだ。古代バビロニアのハンムラビ王によって制定されたハンムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」という一節を思い起こさせる。冒頭のヘブライ語作家のフレーズも、この「目には目を…」を連想させるものであろう。

 目には目を、というと野蛮な復讐を合法と定めた法律なのかと感じる人もいるようだが、ハンムラビ法典の目的の一つは、罰の過度な実施を防ぐことだった。「目をやられたら、復讐するのは目までにしなさい。それ以上に、殺したり、他のものを強奪してはいけませんよ」というのが含意だったのである。

 「目には目を」の原則は、「レクサタリオニス」または「同害復讐法」として知られ、罪に対する罰が適切で均衡がとれていることを保証するものだった。具体的には、傷害を加えた罪に対して、同じ傷害を加えることで報復することを示している。

 この「目には目を、歯には歯を」という原則は、公平性と正義を求める基本的な人間の願いを反映しているとされ、多くの法的伝統、特にユダヤ法やイスラム法などでも採用されている。

画像
イスラエルの軍事的思考はハンムラビ法典を想起させるものである
(Photo/Shutterstock.com)

他国の軍事行動には「軍事行動」で反撃を

 ユダヤ人たちが19世紀末に起こした政治運動「シオニズム」。シオニズムは、ユダヤ人の民族的アイデンティティーを再確立し、彼らの歴史的故郷である「約束の地」に独自の国家を建設することを目指すものだった。

 シオニズム運動の父とも称されたテオドール・ヘルツルは、ユダヤ人が自らの国家を持つことによって、ヨーロッパでの反ユダヤ主義や迫害から解放されると考えた。

 平和主義者としても知られ、ユダヤ民族国家は武器を絶対に使わないことで、隣国のアラブの強国たちからも評価を受け、共存できると信じた。しかし、現実はそうはならなかった。

 数々の反ユダヤ主義者による暴動や攻撃に直面したことで、いつしか、彼らは積極的な自衛手段に出るようになった。この姿勢は、ナチの首謀者の追跡と処罰、テロリストの処罰、他国の軍事行動には軍事行動で反撃するということに現れた。

「イスラエル人は、つねに介入能力を高めることに精を出し、ユダヤ人の(イスラエルであろうがなかろうが)利害が深刻に脅かされていると見るや、世界中どこであろうとも国境を超えて介入してくる。こうして情報機関のモサド(イスラエル諜報特務庁)とツァハル(国防省)は、秘密裏に「民間」で行われることの多い作戦を実行する手段を十二分に備えており、あるときは軍隊を出動させ、あるときは人目を引く作戦を成功させている」
「(モサドとツァハルは)敵がどんなに離れていてもその攻撃意図を抑止する、もう一つは、ユダヤ民族のためなら、拠点がいかに国境を超えて分散していてもそれを存続させ、世界中のユダヤ人を安心させることである」
(フレデリック・アンセル著『地図で見るイスラエルハンドブック』)
【次ページ】イスラエル史上最大の軍事作戦を展開か

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます