• 会員限定
  • 2024/03/25 掲載

「生成AIは差別化要因」3つの調査で判明、小売業のスゴイ活用事例とは

イオンも取り組みを開始

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
流通・小売業のAI関連の取り組みはやや出遅れており、これから投資額が増えていく見込みだ。課題も多い中で、流通・小売業はどのような用途でAIや生成AIの活用を進めようとしているのか。NVIDIAやForrester Research、英国のEコマース業界団体IMRGとアドビの調査からその動向を分析した。日本でも流通最大手のイオングループが生成AI活用に乗り出しており、活用の機運はますます高まりそうだ。
執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
流通・小売業界のAI投資で関心の高い領域と活用の課題(後ほど詳しく解説します)

流通・小売分野のAIポテンシャルと課題

 シリコンバレーのMenlo Venturesの調査によると、流通・小売業における生成AI導入率は3%にとどまることが判明した。一方、生成AIが流通・小売業にもたらすインパクトは非常に大きなもので、今後どのタイミングで導入が加速するのかが注視されるところだ。

 マッキンゼーは、流通・小売業で生成AIがフル活用された場合、生産性が大きく改善し、世界売上の1~2%に相当する、年間4,000億~6,600億ドルにのぼる価値が創出されると予想した。

 しかし流通・小売業では、生成AIだけでなく、既存のAIシステムについても課題が山積しており、マッキンゼーが予測するようなシナリオが実現するには、多くのハードルを超える必要がありそうだ。

 製造・流通向けソフトウェア企業Epicorの依頼によりForrester Researchが実施した調査で、米国とカナダの流通・小売企業におけるAI導入の実情が明らかになった。

 この調査は2023年8月、米国とカナダの流通・小売企業205社を対象にAI導入や活用状況を調べたもの。調査対象となった企業の44%は収益規模が5億~9億9,900万ドルと、比較的規模が大きい流通・小売企業におけるAI活用状況が反映された調査となる。

 調査の結論から言うと、流通・小売企業の意思決定者らの多くはAIによる可能性や恩恵を理解しており、AI投資を計画しているものの、データ品質などの課題がAI活用のボトルネックになっており、AIによる恩恵を最大化できていない状況であることが明らかになった。

 流通・小売企業の意思決定者らがもくろむAI投資領域で、最も関心が高いのは、顧客体験(CX)の向上で、実に41%が投資促進要因であると回答。次いで、40%が収益拡大、33%がオペレーション効率の改善、32%が従業員の生産性改善、30%が需要予測の精度改善、30%がオペレーションコストの削減と回答した。

 多くの意思決定者らがAI投資による効果を見込む一方、データ関連の課題が多く横たわっており、これが幅広いAI活用を拒んでいることも判明した。自社のAI活用を拒む障壁として最も回答割合が多かったのが「収集したデータからアクションにつなげるインサイトを得ることができない」というもの。77%もの意思決定者らが、これが大きな障壁になっていると回答した。また67%が「インサイトを得ることができる利用価値のあるデータを収集できない」と回答しており、流通・小売企業の多くがデータ関連の課題に直面している状況があぶり出された。

 これに関連して、70%が「社内のリテールAIソリューションに関する教育が不足している」、65%が「新しいAIテクノロジーについていけない」、58%が「新しいAIテクノロジーへの投資が複雑化している」と回答しており、意思決定者らの間ではAI教育の重要性が認識され始めていることも示唆される結果となった。

画像
AIが年間売上の増加に寄与したと回答
(Photo/Shutterstock.com)

流通・小売業は何に投資しているのか

 NVIDIAが2024年1月に発表した調査でも、流通・小売業におけるAI活用に関する興味深い現状が浮き彫りとなった。

 流通・小売業関係者400人以上を対象に実施されたこの調査によると、AI(生成AIを含む)をすでに活用しているとの回答は、流通・小売業全体で42%に上ることが判明。また、年間売上5億ドル以上の企業では、この割合は64%に達することが分かった。また、現在AI施策をテスト中であるとの回答は、流通・小売業全体で34%となった一方、売上5億ドル以上の企業のみでは20%ほどにとどまり、大手企業ほどAI施策のテスト段階から実行段階に移行している状況が示唆される結果となった。

 AIをすでに活用している企業は、複数のユースケースで活用する傾向も観察された。

 AIをすでに活用していると回答した企業のうち、ユースケースの数が「6つ以上」との回答が54%で最多となったのだ。「1~2つ」は16%、「3~5つ」は30%だった。80%以上の企業が3つ以上のユースケースでAIを活用していることになる。

 ユースケースをより具体的に見ていくと、回答割合が最多となったのが53%の「店舗アナリティクス/インサイト」だ。これに「カスタマーレコメンデーションのパーソナライズ」が47%、「アダプティブ広告・プロモーション・プライシング」が40%、「チャットAI」が39%、「在庫管理」が39%などと続いた。

photo
生成AIの具体的な活用方法などについて次ページで詳しく解説します
【次ページ】「生成AI」への期待、企業と消費者センチメント

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます