開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2010/06/30

プロジェクトマネジメントとは何か:PMBOKと実例で学ぶプロジェクトマネジメント(1)

監修:東京農工大学 教授 中川正樹氏、編著:三菱総合研究所 飯尾 淳氏

プロジェクトマネジメントの重要性は、いくら強調してもしすぎることはありません。「ある企業で年間に10件の大型プロジェクトを受注し、9件はうまくいったのに、1件開発遅れが発生しただけでその年の収益を赤字にした」というような話はよく耳にします。したがって、プロジェクトに携わる者にとって、その知識と能力は必須です。本連載では、すでに企業でプロジェクトに参加している若手がマネージャーの任務を知ってチームの有用なメンバーとして活躍するために、さらに、プロジェクトマネジメントを担い始めるリーダーがその戦略と戦術を心得るために、そして、現場で実際にプロジェクトマネジメントの重責を担っているマネージャーの方々が問題を整理・再考するために、実際の話題や演習を織り交ぜてご紹介していきます。

 プロジェクトマネジメントの各論を紹介する前に、まず、「プロジェクト」とはなにかを考えてみましょう。

プロジェクトの持つ3つの側面

photo

本連載はソフトバンク クリエイティブ発刊の『演習と実例で学ぶ プロジェクトマネジメント入門』より一部を抜粋し、再編集したものです。本連載ではご紹介しない練習問題などについては書籍をご覧ください。

 プロジェクトが持つ特性には、3つの側面があります。PMBOK(Project Management Body Of Knowledge、次回以降詳しく解説します)では、プロジェクトを「独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施される有期性の業務である」と定義しています。

1.有期性

 プロジェクトが備える3つの特性のうちの最初の1つは、「有期性」です。有期性とは、期間があること、すなわち開始と終了が明確に決まっていることをいいます。プロジェクトには必ず始まりと終わりがあります。終わらないプロジェクトはありません。いつまでも続く業務(定常業務)は、プロジェクトではありません。
 簡単な例で表現すれば、大量生産する工場を建設する作業はプロジェクトですが、その後に実施される工場の運営はプロジェクトではありません。

2.独自のプロダクト

 次は「独自のプロダクト、サービス、所産(注1)」です。プロジェクトの成果は独自性を持っていなければなりません。工場で製品を大量生産する業務と異なり、プロジェクトでは独自のなにかが生み出されます。その「なにか」を、プロジェクトの成果物と呼びます。
 先の工場建設を例にあげれば、工場建設プロジェクトの成果はその工場そのものです。

3.段階的詳細化

 3つめは「段階的詳細化」です。プロジェクトの一般的な進行手順では、最初は大枠を掴むレベルに留めておき、目標や成果物に対する理解が深まるにつれて、より明確かつ詳細な定義を行っていきます。プロジェクトが始まった時点では、プロジェクトの全貌は描かれません。プロジェクトが進むにつれてゴールへの道筋が明確にされていき、作業手順や成果物の詳細が決められます。これを段階的詳細化と呼び、プロジェクトの大きな特徴となっています。


【次ページ】プロジェクトと定常業務の違い

【注釈】
注1 プロダクト、サービス以外にプロジェクトの結果として生み出されるものを指します。PMBOKの原文で は“result”です。
注2 2008年末に最新版である第4版が発行されました。

お勧め記事

開発総論 ジャンルのトピックス

開発総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!