開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/07/05

ケンタッキー・フライド・チキン、クラウド型製品仕様書トレーサビリティサービス「i-TRe」導入

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、商品の原材料情報の収集管理を行うクラウド型トレーサビリティサービス「i-TRe(アイトレ)」を導入した。

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)は、ITホールディングスグループのインテックのクラウド型トレーサビリティサービス「i-TRe(アイトレ)」を導入した。商品の原材料情報の収集管理をより正確に、より迅速にできる仕組みを構築し、5月から運用を開始しているという。

 日本KFCでは、新商品の発売時はもちろん、既存商品においても、使用する食材・原材料の変更のたびに、成分情報(特にアレルゲン)を仕入業者から「規格書」として収集し、一定の管理基準をもって保管管理している。しかし、従来、規格書は紙で収集していたため、収集に時間が掛かり、紙の情報をデータ化する手間も発生していた。また、消費者からの問い合わせに対する回答までの時間も改善の余地があったという。

 今回、日本KFCは、食品の提供者が、説明責任を果たすための当該食品に関する情報の収集・管理と、当該食品の流通履歴を把握できるトラック&トレースの仕組みをクラウド型のサービスとして提供しているi-TReを導入。仕入業者と日本KFC 関係部門の双方は、Webブラウザを利用してインターネット上でリアルタイムに規格書の内容を確認、さらに電子ワークフローを用いて規格書の内容の承認や、否承認の場合の指摘ができるようになったという。

 さらに、収集された規格書は、i-TRe上の一元化されたデータベースに格納され、日本KFC 内の各部門で閲覧が可能。これにより、品質情報に関わるお客さまからのお問い合わせに対し、より素早く回答することが可能になったという。

photo
i-TReの概念図

お勧め記事

品質管理 ジャンルのトピックス

品質管理 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!