開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/07/23

米マイクロソフト、クラウドとWindows 7などが好調で大幅増収増益

米Microsoft(マイクロソフト)は22日(現地時間)、4-6月期(第4四半期)の決算を発表した。

 米マイクロソフトは22日(現地時間)、4-6月期(第4四半期)の決算を発表した。発表によれば、売上高は前年同期比22%増の160億4,000万ドル(約1兆4,000億円)、純利益は前年同期比48%増の45億2,000万ドル(約3,900億円)で、売上高は過去最高だった。

 Windows 7が累計で1億7,500万本販売し、クライアント部門が好調だったほか、Windows Serverをはじめとするサーバ部門、Officeなどを手がけるビジネス部門、Xboxなどのエンターテイメント&デバイス部門、Bingなどを手がけるオンラインサービス部門など、全般的に好調だった。

 最高執行責任者(COO)のケビン・ターナー氏は、「特に大企業向けにWindows 7とOffice 2010が好調だった」と指摘。「Windows AzureやBusiness Productivity Online Services(BPOS)などで、クラウドサービスへの移行も順調だ」と手応えを語っている。

photo

お勧め記事

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!