開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/10/29

ユナイテッドアローズ、スタッフ用在庫検索ツールにiPhoneをテスト導入

アパレル中堅のユナイテッドアローズは29日、同社が展開する4店舗において、スタッフが使用する在庫検索ツールに「iPhone」をテスト導入すると発表した。セルフレジシステムなどを手がける日本NCRが開発協力を行った。

photo
 今回開発したアプリケーションは、品番を入力すると全国の店舗在庫数・色・サイズや商品画像などの商品情報が一目で確認することができる検索システム。

 同社は現在、各店舗における在庫検索は、バックルームやレジカウンターに設置された特定の端末を使って対応をしているものの、商業施設内の店舗や繁忙時もしくはセール期間のお会計時など、混雑した環境下での在庫検索作業はレジまわりの業務集中を招くなどの懸念があったという。こうした課題に対して、iPhoneを導入することで、レジ周りの混雑回避、レスポンス効率の向上を図る。

 また、端末のコンパクトさと軽量さ、そして簡単に操作ができる使いやすさのほか、店内で使用する際にスマートに見える高いデザイン性を評価したとしている。

 現在は品番を手入力する形だが、今後は「iPhone」にバーコードリーダーを備え付けることで、入力ミスの防止やスピードアップを図っていく。また、店舗間での電話による最終確認や発注時にも、ソフトバンクモバイルの料金プラン「ホワイトプラン」を活用することで、「iPhone」をそのまま電話としても使えることも検討する考え。

お勧め記事

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのトピックス

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!