開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/02/25

NEC、流通業者向けCRMサービス「NeoSarf/CRM」を発売 ドラッグストア大手が採用

NECは25日、流通業者向けに会員向けのポイントサービス機能や会員管理機能・顧客情報分析機能・プロモーション管理機能をクラウドサービスとして提供する「NeoSarf/CRM(ネオサーフ/シーアールエム)」を販売すると発表した。

 NECは25日、流通業者向けに会員向けのポイントサービス機能や会員管理機能・顧客情報分析機能・プロモーション管理機能をクラウドサービスとして提供する「NeoSarf/CRM」を販売すると発表した。9月からサービスを開始する。本サービスは既にドラッグストアチェーンのスギホールディングスが導入を決定しているという。

 今回発表した「NeoSarf/CRM」では大きく3つの機能を搭載。まず、会員情報の登録や変更、会員に対してポイントの付与・利用を提供する「会員管理・ポイントサービス機能」。この機能では、購買金額に応じた会員ランクの設定や誕生日ポイント、会員別ポイントなどの設定が行える。

 そして顧客の購買傾向や購買層などを分析する「顧客情報分析機能」では、購買頻度・購買金額や会員属性を活用した商品購買分析が行える。

 さらにクーポン付きレシートやメルマガなどによるキャンペーン情報の発信など、各種チャネル向けのキャンペーンを管理する「会員プロモーション管理機能」を提供する。

photo
NeoSarf/CRMのサービスのイメージ

 サービスの利用料金は、1社20店舗で、顧客管理・ポイントサービスを利用する場合で月額150万円(税別)から。NECの試算によれば、これまで大規模な顧客管理システム構築の場合と比べ、システム導入・運用などにかかるコスト(TCO)を5年間で最大約30%低減できるという。

 なお、同サービスは、NECのクラウドサービス基盤「RIACUBE-V(リアキューブ ブイ)」上で提供するという。

 NECでは「NeoSarf/CRM」を今後3年間で50社(1万店規模)への販売を目指す。

お勧め記事

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのトピックス

CRM・SFA・CTI・ヘルプデスク ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!