開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/05/25

NECが「WebOTX V8.4」を発売、セールスフォースなどのクラウド連携を強化

NECは25日、サービス実行基盤ミドルウェアの最新版「WebOTX(ウェブ オーティーエックス) V8.4」を発売すると発表した。

 「WebOTX V8.4」で強化されたポイントは大きく3点。1つめは、ESB製品「WebOTX Enterprise Service Bus」でのパブリッククラウドとの連携の強化。ESB製品では初めてセールスフォース・ドットコムのクラウドサービスと機能連携した。

photo
WebOTX強化のポイント

 2つめは、アプリケーションサーバ「WebOTX Application Server」でのクラウド環境への導入のしやすさの向上。1台のサーバに本製品をインストールすれば、そのインストール情報を他のサーバにコピーできる「インポート機能」と仮想サーバのスケールアウトを自動化する機能を実現した。

 3つめは、バッチ処理を効率化する「WebOTX Batch Server」の強化。処理するバッチプログラム(ジョブ)の優先順位を判断して、重要なジョブから順番に処理する機能や、負荷状況に応じて最適なバッチサーバへ処理を振り分ける機能を備え、ジョブのメモリ使用量や実行時間を監視する機能を搭載。バッチ処理中のメモリ不足や処理の遅延などの兆候を検知し、障害発生を未然に防止することが可能になった。さらに、システムを停止することなくジョブの追加・更新や、設定変更を行う機能にも対応した。

 価格は以下の通り。NECでは今後3年間で合計6万システムの導入を目指す。

photo

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!