開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/06/06

富士通、プライベートクラウド構築用の統合パッケージ製品「Cloud Ready Blocks」を発売

富士通は6日、プライベートクラウドの構築・運用に必要となるハードウェアやソフトウェアをセットアップし、あらかじめ基本設定を実施したプライベートクラウド統合製品「Cloud Ready Blocks(クラウドレディーブロックス)」を発売すると発表した。

photo
「Cloud Ready Blocks」製品イメージ
 Cloud Ready Blocksは、富士通側で事前検証済みのハードウェアとソフトウェアの組み合わせの中から最適な構成をあらかじめセットアップして提供するパッケージ製品。プライベートクラウドに必要な機能があらかじめ設定されており、機器搬入から稼働までの期間をこれまでの数週間から数日間に短縮する。

 同製品は、富士通のパブリック型クラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」と共通の技術を採用し、同サービス構築で得たノウハウを活用しているという。

 ラインナップは、少ない台数から導入できるラックタイプ「Cloud Ready Blocks V1.0 Type R」のほか、大規模な仮想統合システムで豊富な実績のあるブレードタイプ「Cloud Ready Blocks V1.0 Type B」を用意している。

 価格は、Type Rが最小構成で1,400万円から。Type Bが最小構成で2,900万円から。2011年7月中旬から提供を開始する。

画像
構成する製品群

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!