開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/08/03

日立情報システムズ、SaaS型鉄道ダイヤ作成サービス「SmartDia」を提供

日立情報システムズ(以下、日立情報)は、全国の鉄道会社向けに、「鉄道輸送計画」(以下、ダイヤ)を作成できるクラウド型のサービス「SmartDia(スマートダイヤ)」を、本日より提供開始すると発表した。

 「SmartDia」は、国内初のクラウド型のダイヤ作成サービスで、「鉄道線」、「軌道線(路面電車)」、「LRT(Light Railway Transit)」に対応したダイヤ(「列車運行計画」、「車両運用計画」、「乗務員運用計画」)を作成できる。

 ダイヤ改正やイベントなどによる臨時ダイヤ検討の際、車両や乗務員の運用計画を組むことができるため、限られた検討期間内に多彩なシミュレートを行うことが可能。

 既に本年7月から先行して提供している広島電鉄では、「鉄道線」と「軌道線」が混在する路線のダイヤを従来の1/5の時間で作成できることを確認したという。また、路線間の「繋ぎ」の作成やダイヤの合理性もチェックできる。
photo
図:「SmartDia」の画面例

 日立情報では「ハイパーダイヤ」をはじめとするダイヤ関連システムの開発実績を持っており、今回のクラウド版提供のベースとした。

 今後、「SmartDia」の多言語(英語、中国語他)対応を進め、日立グループが取り組む鉄道事業のグローバル展開に対応できるサービスとして強化を図るとしている。あわせて、バスのダイヤへの対応や、日立情報の交通総合案内web「ハイパーダイヤ」と連携し、全国の鉄道ダイヤが表示可能な「SmartDia_web」を2011年10月までに提供する予定。

   同社では2013年度(2014年3月)までに「SmartDia」を30社への販売を目指す。

お勧め記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!