開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/08/31

米デル、クラウド事業を本格化 VMwareベースのIaaSやSalesforceのSaaSを相次いで発表

米デルは、VMwareベースのパブリッククラウドサービス「Dell Cloud with VMware vCloud Datacenter Service」と、中小企業向けのSaaS「Dell Cloud Business Applications」を提供すると発表した。

 「Dell Cloud with VMware vCloud Datacenter Service」は、デルのサーバやストレージ、管理サービス、セキュリティなどを同社のデータセンターで提供するというサービス。導入支援やアプリケーションサービス、インフラサービスも合わせて提供する。

 同サービスではパブリック、プライベート、ハイブリッドの3種類を用意。パブリックでは、VMware v Cloud Datacenter ServiceをもとにしたIaaSとして提供し、仮想CPUやメモリ、ストレージネットワーク、IPアドレス、ファイヤウォールなどのリソースが利用できる。プライベートでは企業ごとのデータセンターと同じテクノロジーを活用できるが、VMware vSphereやVMware vCloud Directorをデルの初期導入プランvStartとして提案する。ハイブリッドではこれらのサービスを組み合わせて「VMware vCloud Connector」で統合管理できる。

 デルではセキュリティを最重要事項と位置付け、今年買収した米SecureWorksのサービスのほか、VMwareとトレンドマイクロの戦略的パートナーシップに基づいて、ログモニタリングやネットワークファイアウォール、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)、IPS/IDSなどを組み合わせて提供し、多様なレイヤで保護していくとしている。

 同サービスは、米国では今年の第4四半期に、アジア太平洋/日本地域には2012年に提供するという。

 また、「Dell Cloud Business Applications」では、第1弾として米SalesForce.comのCRM製品を提供。同サービスでは、2010年10月に買収した米Boomiのハイブリッドクラウドの技術を統合して展開する。価格は月額565ドルから。導入サービスは5,000ドルから。

 2012年をめどに米マイクロソフトの「Dynamics GP ERP」や米Intuitの「QuickBooks」なども提供していく予定。

お勧め記事

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!