開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/09/02

日本コンピュウェア、Webサイトの稼働状況を把握する7種の無償ツールを提供

日本コンピュウェアは、2日よりWebおよびモバイルサイトの稼働状況把握のための無償テストツール7種を、日本語版で提供を開始する。

 日本コンピュウェアは、Webサイトの稼働状況を把握するため、ブラウザやデバイスの互換性などをチェックできる、7つの無償テストツール(日本語版)を同社Webサイト上にて提供開始した。

 これらの無償のテストツールは同社のアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションであるCompuware GomezのSaaSテクノロジーを用いており、実際のエンドユーザーがWebやモバイルサイト上でどのような体験をしているかを、各種機材を用意することなくテストすることができる。

 今回日本語で提供を開始したテストツールは以下の7種類。

●ブラウザ互換性テスト
 主要なOSとブラウザの4つの組み合わせにおいて、Webサイトがどのように表示されるか。

●デバイス互換性テスト
 4種類のモバイル端末(iPod、iPad、Android、BlackBerry)上で、Webサイトがどのように表示されるか。

●インスタントテストプロ
 Webサイトのレスポンスタイム、可用性、ばらつきなどをテスト。また、ページのロード時にどのコンポーネントのロードにどれぐらいの時間がかかっているかを確認できるWaterfallチャートも提供。

●マルチブラウザパフォーマンステスト
 2つのブラウザと4つの地域(アメリカ国内)からのアクセス時のレスポンスタイムの違い。

●カスタムベンチマーク
 自社サイトと他社のサイト(最大4URL)のレスポンスタイム等の比較が可能になるテスト。1日1回、7日間にわたってレポートを提供する。

●負荷テスト
 Webサイトへのトラフィックが増加した場合に、Webサイトのパフォーマンスがどうなるか。

●IPv6 Webサイトパフォーマンステスト
 IPv6対応のWebサイトとIPv4のWebサイトのパフォーマンス比較が可能なテスト。

お勧め記事

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!