開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/09/13

セキュリティ機能が充実したスリムタワーは? ビジネス向け「省スペースPC」を徹底比較!

スリムタワー型の省スペースPCは、ビジネスPCとしては定番のジャンルの1つで、メーカー各社から多くの製品が発売されている。ビジネスシーンに導入する際にはどのようなことを注意して選ぶべきだろうか。ビジネスシーンの現状をふまえつつ、PCとしての基本的な性能以外の部分にも注目し、各社の代表的な製品を比較してみよう。

(製品比較の機種選定・比較は、ソフトバンク ビジネス+IT編集部が実施しています)

省スペースPCがビジネスPCとして便利な理由

 スリムタワー型のボディを持つ省スペースPCは、ビジネス向けPCのスタンダードといえる存在だ。それは省スペースPCが、ビジネスシーンととても相性が良いためである。その最大の理由をひとことで言えば「バランスの良さ」。省スペース性、拡張性、柔軟性、導入コストなど、ビジネスシーンで要求される要素をバランスよく備えていることにあるだろう。

 省スペース性のビジネスにおけるメリットは明らかだ。オフィスのスペースは限られているため、性能や機能が同じであるならば、専有面積が少ないほうがありがたい。もちろん、省スペースという点だけみればノートPCには及ばないのだが、ノートPCほどシビアな大きさの制約がないぶん、放熱や設計が楽で、使用部品レベルでの単価も安いため、コスト面では有利だ。また、拡張性やメンテナンス性や構成の柔軟性という面ではノートPCにはない魅力もある。

 また、以前使っていたキーボードやディスプレイがある場合は、新たに用意しなくても良いし、新たに導入する場合もニーズにあわせて自由度が高い選択が可能だ。標準よりも大画面や解像度の高い液晶が業務に必要な場合などは特にメリットが大きいだろう。また、キーボードやディスプレイが故障した場合に代わりのキーボードやディスプレイを用意すれば、すぐに業務を続行できるメリットがある。

 このように、デスクトップPCならではの導入コストの安さ、拡張性、柔軟性といった要素と、省スペース性がうまくバランスが取れており、さまざまな業務の現場にうまくフィットすることが大きな魅力だ。

 では、実際にビジネス向けの省スペースPCを導入する際において、重視すべきポイントはどのような要素だろうか。PCの比較といえば一般的には性能の比較が定番だが、PCの性能というのはほとんどが搭載しているCPUやメモリ、HDDの性能で決まるものだ。最近のビジネス向けPCではこういったパーツはBTOでカスタマイズできるため、製品の本当の意味での差別化とはなり得ない。違いがでるのはそういう基本的なスペックではない部分、ビジネスにおけるトータルコスト削減に貢献するセキュリティ機能や内部メンテナンス性などのボディ設計などのほうが優先度は高いといえるだろう。また、最近では「節電」の意識が高まっているだけに、消費電力という要素にも注目したいところだ。そこで今回は、以下のポイントについてチェックしていく。

チェックポイント 1 PC運用/セキュリティ
チェックポイント 2 PCとしての使いやすさ
チェックポイント 3 パフォーマンス
チェックポイント 4 消費電力、電力管理機能比較
総合評価気になるポイントを押さえた省スペースPCは?


5社それぞれの省スペースPC5機種を比較検証

 今回は主要各社5メーカーのスリムタワー型モデルの中から、電力効率に優れたインテルの第2世代インテルCoreプロセッサー(開発コードネーム:Sandy Bridge)を採用した製品を搭載したモデル、加えてインテルが提供するビジネス向けの管理機能「vPro」に対応するIntel Q67 Expressチップセットを搭載したモデルをピックアップし、前述の観点から比較してみたい。

 取り上げる機種は、デルの「OptiPlex 990 SFF Energy Starスタンダード構成」、日本電気(以下、NEC)の「Mate ME」、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)の「HP Compaq 8200 Elite SF/CT」、富士通の「ESPRIMO D751/C」、レノボジャパン(以下、レノボ)の「ThinkCentre M91p small」である。CPUはCore i5-2400で統一しているが、BTOでCore i5-2400が選択できないMate MeのみCore i5-2400Sを搭載している。

表1■今回取り上げる省スペースPC
機種名Optiplex990 SFF
デル
Mate ME
NEC
HP Compaq 8200 Elite SF/CT Desktop PC
日本HP
本体画像
概要メンテナンス性に優れたスリムボディを持つデルの省スペースデスクトップPC。電力効率90%の電源ユニットを搭載し、シャシーには再生プラスチック(約10%)、梱包材にも再生可能素材を利用するなど環境面への強く配慮しているNECのハイエンドモデル。柔軟なカスタマイズに対応し、BTOでUSB3.0ポートを追加することができる。電力測定機構の内蔵と付属ツールにより電力使用状況の「見える化」を実現しているほか、ボディ素材や梱包箱などに再生素材を積極的に利用している充実のセキュリティ機能、高度な管理機能を備えたHPのハイエンド省スペースビジネスPC。HP独自の省電力設計を採用しており、BTOで高変換効率の「80PLUS GOLD」電源を選べるなど、省電力という要素も強く意識している
CPUCore i5-2400(3.1GHz)Core i5-2400S(2.5GHz)Core i5-2400(3.1GHz)
チップセットIntel Q67 ExpressIntel Q67 ExpressIntel Q67 Express
メモリ2GB(2GB×1)2GB(2GB DIMM×1)2GB(2GB×1)
HDD2.5インチHDD(7200rpm) 250GB3.5インチHDD(7200rpm) 250GB3.5インチHDD(7200rpm) 160GB
OSWindows 7 Professional SP1(32bit)Windows 7 Professional SP1(32bit)Windows 7 Professional SP1(32bit)
機種名ESPRIMO D751/C
富士通
ThinkCentre M91p small
レノボ
本体画像
概要高パフォーマンスと省電力を両立した富士通のコンパクト型デスクトップPCの最上位モデル。細菌の増殖を抑える銀系抗菌剤の働きで長期にわたって清潔さを保てる抗菌キーボードや抗菌マウスを装備するヘルスケアモデルも用意している先進的なツールフリー構造をもつレノボの最新型省スペースデスクトップPC。前面のインターフェイスや電源ボタンをアクセスしやすい位置に配置したエルゴノミクスデザイン設計を採用している。ボディ素材にはプラスチック再生素材を使用している
CPUCore i5-2400(3.1GHz)Core i5-2400(3.1GHz)
チップセットIntel Q67 ExpressIntel Q67 Express
メモリ2GB(2GB DIMM×1)2GB(2GB×1)
HDD3.5インチHDD(7200rpm) 160GB3.5インチHDD(7200rpm) 320GB
OSWindows 7 Professional SP1(32bit)Windows 7 Professional SP1(32bit)


お勧め記事

その他ハードウェア ジャンルのトピックス

その他ハードウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!