開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/12/02

長岡技術科学大学と全国の51高専、統合図書館システムをプライベートクラウドで構築

長岡技術科学大学と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスは、共同で利用する統合図書館システムをNECのプライベートクラウドで構築すると発表した。2012年3月からシステムの運用を開始する。

 長岡技術科学大学は、主として高等専門学校卒業生を受け入れ、共同研究や教職員の交流などを積極的に行うなど、全国の高等専門学校との連携強化を推進してきており、その一環として、全高等専門学校の図書館システムの統合を進めている。

 今回、NECが同大学と全国の国立高等専門学校51高専55キャンパスの統合図書館システムをプライベートクラウドで構築。各高等専門学校に設置されていたサーバを長岡技術科学大学の6台に集約し、各高等専門学校にはPCとプリンタのみを設置。同大学がサーバ管理やシステム更新時作業などの管理業務を行い、コスト削減と業務効率化を実現した。また、小規模図書館では難しい図書館業務の多様化・効率化に対応したという。

 今回の統合図書館システムにより、長岡技術科学大学と全国高専55キャンパスでは、保有する蔵書約4百万件以上を横断的に検索可能となり、各校の専門分野に合わせて集められた蔵書や電子ジャーナルなどをインターネット経由で検索可能になった。

 図書館システムとしては、NECの大学図書館向けソリューション「E-CatsLibrary」(イーキャッツライブラリ)を導入する。職員向けの蔵書点検、資料受入、閲覧機能や、利用者向けの貸出、予約、図書購入申込機能など、図書業務に必要な機能を各高等専門学校へSaaS型で提供。1つのシステムで高等専門学校単位の蔵書管理・予算管理を実現する。

お勧め記事

Office、文書管理・検索 ジャンルのセミナー

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!