開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/05/18

【LIXIL、東海漬物 事例】2社の成功事例で学ぶ、企業データ活用術

増え続けるデータをどうするか?

企業活動で発生するデータは、年々増加する一方だ。増えすぎるあまり管理が行き届かず、どこに何があるのか分からない状態になってしまったり、体系立てた収集・集計ができず、せっかく収集したデータの分析や活用がおろそかになってはいないだろうか。そこで、蓄積されたデータやノウハウを効率よく全社的に利用することによって、大きな成功を収めた2社──年商1兆2,150億円を誇るLIXIL、および「きゅうりのキューちゃん」で有名な東海漬物の成功事例について紹介しよう。

※肩書きや内容は、取材当時(2011年11月)のものとなります。


紙ベースの情報は管理が煩雑で、検索性能も低い

 LIXIL(リクシル)は、年商1兆2,150億円、従業員2万3,377名という業界最大手の建材・住宅設備機器メーカーである。2011年4月に、トステム、INAX、新日軽、サンウェーブ、東洋エクステリアの5社が合併して新たにLIXILとして発足したが、現在それぞれの製品は合併前の企業ブランドとして継続した形で市場へ展開している。

 LIXIL内部には、解析による技術革新を目的とする「IBA」(Innovation By Analysis)と呼ばれる推進室があり、ここで社内の依頼に基づいて各種の分析評価を実施している。たとえば、環境、化学、熱、物性、微生物、結晶構造、微細分析、表面解析といった分析や基礎研究などを推進することで、同社製品の品質向上に大きな役割を果しているのだ。

 しかし同推進室は、従来までこれら業務の受付から、分析結果の報告、案件の書類保管まで、すべての作業を紙ベースで行っていた。分析処理の件数は年間で約2,800件にも上っていたが、紙ベースのアナログ情報のままでは管理も非常に煩雑になり、手間が掛かるという大きな悩みがあった。また分析依頼には、類似したものも多く含まれていた。そのような情報を紙ベースで探すことになると、書庫にこもってバインダーをめくりながらいちいち調べていくしか手段がない。

 そこで同社は業務のIT化を推進することで、この問題を一気に解決しようとしたという。その具体的な手法について、同社 IBA 推進室 室長 井須紀文氏、および加藤和信氏に話を伺った。

この記事の続き >>
     業務効率を大幅に改善し、紙の削減によるコスト効果も!

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!