開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2013/01/25

野中郁次郎氏が語る「アジャイル・スクラム・イノベーション」、知を組織的に創造する

スクラムは、アジャイル開発における方法論の中でもっとも普及している方法論の1つです。スクラムという用語を用い、その考え方を最初に提唱したのは、1986年に一橋大学の野中郁次郎氏と竹内弘高氏が日本企業のベストプラクティスについて研究し、ハーバードビジネスレビュー誌に掲載された論文「The New New Product Development Game」でした。それが1990年代半ばにジェフ・サザーランド(Jeff Sutherland)氏らによってアジャイル開発の方法論としてのスクラム(アジャイルスクラム)になったわけです。野中氏は知識創造理論によって知られており、ウォールストリートジャーナルによる、「もっとも影響力のある思想家リスト」の20位にランクされています。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 1月15日に都内で開催されたアジャイル開発をテーマにしたイベント「Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013」では、2日目の特別講演に野中郁次郎氏が登壇。「実践知リーダーシップとアジャイル/スクラム ~ イノベーションを生み出し続ける組織に求められるリーダーとは」という題で、プロジェクトにおけるリーダーシップについての講演を行いました。

 この記事では、そのダイジェストを紹介します。

戦略と組織は分離できない

 一橋大学名誉教授 野中郁次郎氏。

photo

 いろんなマネジメントの切り口があるが、戦略というのは人間が解釈し実行する。その実行をするのも組織なので、戦略と組織は分離できないんですね。欧米では伝統的に戦略と組織は分けて考えるけれど、素晴らしい戦略でも実行につながらなければ意味がない。この実行につながるものが戦略的マネジメントではないか。

 絶えずイノベーションを生み出すコミュニティは、まず「共通善」、世のため人のため。それを代表するのが「企業ビジョン」で、それを具体的に組織に落とすとビジネスモデルというか、いかなるユニークな価値を創造できるか、「価値命題」。そういうのを作り出すのは、知識を作り続ける「SECIプロセス」(セキプロセス)と、それを作り出すプラットフォームとしての場。

photo

 それを作り出すリーダーシップ、これを「フロネシス」というが、これについて考えてみたい。

イノベーションが持続するような組織はあり得る

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

開発総論 ジャンルのトピックス

開発総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!