開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/08/19

ピザハットでも従業員がツイッターに悪ふざけ写真、日本ケンタッキーが謝罪

日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、KFC)は19日、子会社の「ピザハット高井戸店(東京都)」のアルバイト従業員が店舗内で不適切な行為を行い、ツイッター上へその写真を掲載をしたとして、謝罪のコメントを発表した。

関連記事
 ピザハット高井戸店の従業員が2013年5月9日の閉店後、ピザの生地を自身の顔に貼り付け、その内容をツイッター上に投稿。ここ数日の間に、その写真が急速に拡散され、ネット上で炎上していた。

 KFCの説明によれば、廃棄食材を使っており、食材が顧客に提供されることはなかったという。

 当該アルバイト従業員については、社内調査結果を踏まえて、KFCの社内規定に基づき厳格な処置を行う。また、KFCでは今後このような事態が発生しないよう、改めて全店舗全従業員に対する指導教育を行い、再発防止に向けて、安全・安心に対する信頼回復にグループ一丸となって努めていくとしている。

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのトピックス

ソーシャル・エンタープライズ2.0 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!