開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/10/04

ボスコン井上氏が語る、ビッグデータのビジネス活用 3つの課題と6つの主要領域

ビッグデータ活用に向けて考慮すべきポイントとは?

今、いたるところでビッグデータのビジネス活用の動きが始まっている。つい先日もNTTドコモがモバイル空間統計データの販売を発表したばかりだ。「XPマイグレーションSummit 2013」に登壇したボストンコンサルティングの井上 潤吾氏は、「ビッグデータ活用の機会を最大限に引き伸ばすためにはどうしたらよいのか?」という視点で、コンサルティングの立場からビッグデータの価値や変革、活用事例などについて解説した。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

ビッグデータがもたらす価値と、ビジネスモデルの変革に着目

photo
ボストンコンサルティング グループ
シニア・パートナー
井上 潤吾氏
 基調講演に登壇したボストンコンサルティングの井上 潤吾氏は、まず始めに「本当のビッグデータとは何か?」という点について簡単に確認した。これまでよく言われているビッグデータの定義は、いわゆる3Vと呼ばれる「Volume」(データ量)、「Variety」(データの種類)、「Velocity」(データの速度)というもの。

 Volume(データ量)で言えば、全世界のデータの90%は直近2年間に作られたものだ。たとえばウォルマートの1時間の取引データは、米・国会図書館蔵書の67倍にも相当するという。いまやYouTubeの全動画を視聴するには1000年の時間が必要だ。

 またデータの種類もVariety(多彩)になってきた。構造化データのみならず、非構造化データも増え続けている。GPS、AR(拡張現実)、音声認識、QRコードなど、新形態のデータや、SNSへの投稿・画像・動画・リンクといった無数のコンテンツが存在している。

 一方、Velocity(データの速度)も加速している。従来のように1か月かけてデータを分析していたのでは、もはやビジネスの要請に追いつかない。Googleの検索時間は約0.3秒まで短縮化され、Amazonのクラウドでは2600億以上のデータを保持しながら、毎秒20万回のデータリクエストを処理している時代だ。

 とはいえ井上氏は、このような従来の捉え方から脱却すべきだと語り、「我々コンサルタントの視点から見ると、本当に重要な点は、ビッグデータがもたらす価値とビジネスモデルの変革にあります」と強調する。

ビッグデータはあらゆる業界で革命を起こしている

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビッグデータ ジャンルのセミナー

ビッグデータ ジャンルのトピックス

ビッグデータ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!