開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/07

大成建設、全社員9,000人にBYODサービスを導入 私物でメール確認や勤務報告

大成建設は、富士通グループの「FUJITSU Thin Client Solution モバらくだ for スマートデバイス(以下、モバらくだ for スマートデバイス)」を採用し、10月15日から全社員9,000人向けにBYODサービスの提供を開始する。

 本サービスにより、大成建設の半数にあたる建築や土木部門などの外勤の社員は、個人で所有するスマートデバイス(スマートフォン、タブレット)から、メールやスケジュールの確認ができるようになるという。また、勤務報告などの人事系の個人申請といった約80の社内システムに安全にアクセスすることが可能になるという。

photo
モバらくだによるBYODサービスの概要

 「モバらくだ for スマートデバイス」は、大成建設をモデルユーザーとして、富士通ネットワークソリューションズが開発したサービス。

 本サービスでは、画面転送の高速表示技術「RVEC(レベック)」によって、画面転送のピーク値を抑えデータ転送量を最大で約10分の1に削減することができ、モバイル環境においても使用帯域が平準化されるため、モバイル環境利用時でもスムーズな画面表示や操作が可能になっている。

 また、端末にデータが残らないよう情報をダウンロードできないセキュアブラウザとすることで、セキュアな環境の提供が可能。Internet Explorer 8互換により既存の社内システムを改修することなく、個人所有のスマートデバイスが活用できるため、導入コストを削減できたという。

 さらに、1人の利用者が端末を複数台登録しても、追加費用が掛からないライセンス体系にすることで、コストを抑制し効率的な運用を実現したという。

 大成建設は、今後、本サービスをグループ会社2万人まで拡大し、他の業務システムにも展開される予定。

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのセミナー

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!