開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/02/07

ソフトバンクテレコムとヤフー、容量無制限の「ホワイトクラウド分散ストレージ」

ソフトバンクテレコムとヤフーは7日、クラウドサービス事業において連携し、ヤフーが提供する容量無制限のストレージサービス「Yahoo!クラウドストレージ」を「ホワイトクラウド分散ストレージ」(以下「分散ストレージ」)として2月6日から提供開始すると発表した。

 今回発表された「分散ストレージ」は、1ギガバイトあたり10円(税抜)から利用できるクラウドストレージ。米国Basho Technologies, Inc.の分散型データベース技術を用いたストレージ基盤の「Riak CS」を採用している。保存されたデータは、拠点内での多重化保存に加え、東日本と西日本に分散した遠隔拠点間における自動分散された状態で保管されるという。

 利用可能なAPIとして、アマゾンのクラウドストレージ「Amazon S3」のAPIと互換性の高い、REST形式を実装。REST APIを利用するアプリケーションやサービスを利用できる。また、クラウドストレージ間のインターフェースが統一化されており、接続先を変更するだけでクラウドのハイブリッド接続構成が可能。ユーザーの事業継続性確保に対応させたものだ。

photo
サービスイメージ

 なお、利用料金は1ギガバイトあたり10円(税抜)のほか、別途データ転送料が必要となる(アップロードにかかるデータ転送料は、1社あたり10テラバイト/月まで無料)。

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!