開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/06/20

なぜプロ経験のないサッキがサッカーに革命をもたらしたのか

連載:トヨタに学ぶビジネス「改善」の極意

トヨタ式改善に限らず、何か新しいことをやろうとすると、過去の経験や業界の常識を楯に異を唱える人がいる。「そんなことは常識だよ」「以前にやったけどダメだった」といった言い方で、せっかくの自由な発想を否定して、提案者のやる気を削いでしまう。仕事をするうえで経験や知識の価値を否定するつもりはないが、経験や知識は時に改善や改革の妨げになることもあるということはしっかりと理解しておくことが大切だ。

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買、業務の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。その後、農業機械メーカーや住宅メーカー、建設会社、電機関連などでもトヨタ式の導入と実践にあたった。91年韓国大字自動車特別顧問。92年カルマン株式会社設立。現在同社社長。中国西安交通大学客員教授。
著書に『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』『トヨタ流「改善力」の鍛え方』(以上、成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』 『トヨタの上司は現場で何を伝えているのか』『トヨタの社員は机で仕事をしない』『なぜトヨタは逆風を乗り越えられるのか』(以上、PHP新書)、『トヨタ式「改善」の進め方』『トヨタ式「スピード問題解決」』 『「価格半減」のモノづくり術』(以上、PHPビジネス新書)、『トヨタ流最強社員の仕事術』(PHP文庫)、『先進企業の「原価力」』(PHPエディターズ・グループ)、『トヨタ式ならこう解決する!』(東洋経済新報社)、『トヨタ流「視える化」成功ノート』(大和出版)、『トヨタ式改善力』(ダイヤモンド社)などがある。

なぜプロ経験のないサッキがサッカーに革命をもたらしたのか

photo
アリゴ・サッキ
CC 表示-継承 2.0
Elena Torre from Viareggio, Italia)


 ブラジルワールドカップの真っただ中である。世界中の人が注目するサッカーの世界において、諸説色々あるものの、戦術面で革命を起こしたのは「トータルフットボール」で知られるヨハン・クライフと、「ゾーンプレス」を考案したアリゴ・サッキである。

 クライフはオランダ代表も務めたサッカー史上屈指の名選手の1人である。「名選手必ずしも名監督ならず」のジンクスを見事に破って名監督となっている。名門バルセロナのサッカーの源流はクライフにある。

 一方、サッキはプロ選手の経験を持たないどころか、営業マンとしてヨーロッパを回っていた経験を持つ。その頃に出会ったオランダサッカーに魅せられ、クライフのトータルフットボールに、守備を重視するイタリア流のサッカーを組み合わせることでゾーンプレスを考案したとされる。

 独学でサッカー協会の監督コースを修了後、二流クラブの監督をつとめていたが、コッパ・イタリア(イタリアのサッカークラブによって争われるカップ戦)で名門ACミランを2度も破ったことで、後にイタリア首相にもなるACミラン会長のベルルスコーニにその手腕を見込まれ、その後同クラブの監督になった。

 選手経験者でもなく、監督としても無名のため、「ミスター・ノーバディ(誰でもない人)」と揶揄されたが、自ら考案したゾーンプレスを武器に初年度にリーグ優勝、続く2年目、3年目にチャンピオンズカップ(UEFAチャンピオンズリーグの前身)で2連覇を達成するなど輝かしい成績を上げることになった。

 スペクタクルに富む攻撃的なサッカーを展開するACミランは強く、楽しく、美しいチームであり、当時のチームは今も「グランデ・ミラン(偉大なるACミラン)」と讃えられている。

 守り勝つのではなく攻め勝つサッキのサッカーは、当時の常識からかけ離れたものだった。サッキは当時を振り返ってこう話している。

「イタリアにおいて、それ(守り勝つのではなく攻め勝つこと)は逆転の発想。伝統と定説の否定であった。失敗すれば単なる異端として葬り去られることは百も承知だった。だからこそ挑む価値がある」

 サッキには経験もなければ先入観もなかった。本来ならそれだけでサッカー監督は無理なはずだが、サッキは「騎手になるために、馬に生まれる必要はない」として意に介さず、自分の信じるサッカーを考案した。そのサッカーでヨーロッパを制し、1994年イタリア代表監督としてチームをワールドカップ準優勝に導いてもいる。

【次ページ】なぜ技術を知らない若手がいきなり現場に放り込まれるのか

リーダーシップ ジャンルのトピックス

リーダーシップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!