• 会員限定
  • 2015/04/30 掲載

Life is Tech! 代表取締役 水野雄介氏が語る「IT界のディズニーランド」構想とは?

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
2015年3月1日、東京・浜松町で開催された教育とテクノロジーの祭典「Edu×Tech Fes 2015」。「テクノロジー×教育」というテーマで登場したのは、Life is Tech! の代表取締役 水野雄介氏である。水野氏は会場にいるさらには中高生に対して「好きなものを仕事をしよう。好きなものを仕事にしたら、ずっとそのことを考えていられるし、楽しい人生を送ることができる」とメッセージし、自身も好きでたまらないと語りかけたうえで、ビジネスパーソンや教育関係者に対して、中学生・高校生のためのプログラミング教育の重要性を説明した。

「ディズニーランドより楽しく」を掲げるLife is Tech!とは

photo
Life is Tech!
代表取締役
水野 雄介氏
 Life is Tech!(ライフイズテック)は、日本の教育を進化させたいと若い3人のアントレプレナーが立ち上げたベンチャー企業である。

 提供しているのは中学生・高校生向けのプログラミング/ITのキャンプやスクール。その代表的なプログラムであるITプログラミングキャンプは、4年前に3人の生徒を対象にするところからスタートし、今では受講生は8,000名を超えている。

 カリキュラムはiPhoneアプリやゲームの開発、WEBプログラミングなど、13コースの中から、受講者が趣味・趣向に合うものを選んで集中的に学ぶ。受講者は8割が初心者で、中学生が65%、高校生が35%、女の子が3~4割だという。

 このプログラムは2014年、Googleが世界のICT教育組織に授与する“Google RISE Awards ” を東アジアの企業として初めて受賞、マスコミでも繰り返し紹介された。まさに、今や飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 Life is Tech! 代表取締役 水野 雄介氏は、このサービスを通じて、中学生・高校生にものづくりの楽しさを伝え、彼らの「創造する力」と「つくる技術」を伸ばしたいと考えている。目指しているのはいわばIT界のディズニーランドだといい、中高生が何度で喜んでも訪れたくなる空間づくりだという。

「IT業界にもヒーロー誕生を」とプロ野球さながらのドラフト会議

 水野氏はこの日、2020年までに実現したいことと、2025年までに実現したいことの2つに分けてプレゼンテーションした。

photo
水野氏は「日本でデジタルなものづくりに携わる人を20万人まで増やすこと」と目標を掲げた

 直近の目標は、日本でデジタルなものづくりに携わる人を20万人まで増やすことである。なぜ20万人なのか。これは同氏が好きな野球、そして中学生・高校生における野球ファン人口から算出したという。1クラス40人の学級に、日常的に野球の話をする生徒は大体5人。そのうちの2人ぐらいが野球部員だ。その割合で行くと全国での中学生・高校生の野球ファンは約19万人。ならばITの分野でもそれくらいのファンが生まれてもおかしくないというわけだ。

 ファン層を広げるためにはヒーローの出現が欠かせない、同社が考えだしたのが、「ITドラフト会議」だ。

 これは、エントリーした学生の中から、企業は学生1名を指名し、学生は1企業から「特別指名人材」の権利を得るというもの。指名された人材はインターンシップに参加したり、そのまま指名する企業は、スクエア・エニックス、日本マイクロソフト、DeNAなど、学生でも名前を知っている有名IT企業7社だ。冬の陣は、まるでプロ野球のドラフト会議さながらの緊張感が醸し出されていた。

 水野氏は「野球選手や、最近だとテニスの錦織(圭)くんのように、スポーツではヒーローが生まれる。同じようにITにおけるヒーローをつくるために、ITをやる子どもたちが『カッコイイ』と思われる文化をつくる必要がある」と野望を語る。

「2020年までの目標として、日本の教育を変えるために『入口』『中身』『出口』を変えなければと思っている。このようなエンターテイメント性の高い出口を作ることで、IT業界に憧れられるヒーローが生まれればいいなと思っています」(水野氏)

【次ページ】教育を根本から変えるために掲げたテーマ6カ条

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます