開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/05/08

東京電力、リクルート、ロイヤリティマーケティングが提携 電気契約でポイントが加算

東京電力は8日、リクルートおよびポイントサービス「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティングとの業務提携を発表した。

photo
WEBサービス、ポイントサービスの業務提携イメージ

 今回の業務提携は、約2000万世帯の顧客基盤を有する東京電力、日常生活やライフイベントに関連したサービスを展開するリクルート、全国に6951万人の会員と79社(2.3万店舗)の提携事業者を有する共通ポイントサービスPontaを展開しているロイヤリティマーケティングが、エネルギーと住まいを中心にしたWEBサービスやポイントサービスを提供していくというもの。

 これにより東京電力は、現在提供している無料WEB会員サイト「でんき家計簿」から発展させ、2016年1月には新サービス「暮らしのプラットフォーム(仮称)」を開始する。「暮らしのプラットフォーム(仮称)」には、リクルートが展開中のWEBサービスを連携させるほか、ロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイントサービス「Ponta」と提携し、ポイントサービスの提供に向けて電気の契約などの利用に応じて、ポイントがたまるサービスを順次提供していく。

 リクルートの発行するリクルートポイントは2015年冬ごろにPontaポイントに変更される予定のため、東京電力のポイントサービス開始時期には、現在のPonta提携店舗に加え、じゃらん、ホットペッパーグルメなどリクルートのWEBサービスも利用先として拡充されるという。
関連記事

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!