開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/06/18

なぜウルトラマン商店街はTポイントを採用したのか?共通ポイント競争 大手から中小へ

コンビニエンスストアやスーパーマーケット、レンタルビデオ、ドラッグストアなど、大手流通企業の多くがポイントサービスを導入している。その渦中にいるのが、「Tポイント」運営のTポイント・ジャパンと「Ponta」運営のロイヤリティマーケティング、今秋から「Rポイントサービス」を開始する楽天だ。これらの企業は現在、大手流通店舗やネット企業の陣取り合戦を行っているが、いち早く中小店舗への導入をスタートしたのが「Tポイント」だ。Tポイント・ジャパンでは、顧客固定化のツールとして、Tポイントの個店への導入を目指しているという。祖師谷みなみ商店街、祖師谷商店街、祖師谷昇進会商店街の3つの商店街からなる「ウルトラマン商店街」はなぜTポイントを採用したのか。その狙いを追った。

TIプランニング代表取締役 池谷 貴

TIプランニング代表取締役 池谷 貴

編集などの仕事を経て、カード業界誌の版元において、雑誌編集、プランニング、セミナー、展示会などの運営に携わる。電子決済、PCI DSS/カードセキュリティ、ICカード、ICタグなどのガイドブック制作を統括。2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD(ペイメントワールド)」などのサービスを手掛けるTIプランニングを設立した。

Tポイントを商店街へ本格導入開始

photo
祖師谷大蔵の3商店街「ウルトラマン商店街」では、同地域で保有率の高い「Tポイント」を導入し、地域活性化への取り組みを開始した
関連記事
 駅前にはウルトラマン像が立ち、商店街にはウルトラマンをイメージした街路灯が街を明るく照らす小田急線祖師ヶ谷大蔵駅。2014年5月18日から、祖師谷みなみ商店街、祖師谷商店街、祖師谷昇進会商店街の3つの商店街からなる「ウルトラマン商店街」で、共通ポイントサービス「Tポイント」の導入がスタートした。まずは、500店舗のうち41店舗で導入を開始し、順次利用店舗を拡大する予定だ。

 3商店街では、2013年9月からTポイント導入の検討を開始。他のポイントサービスなどを検討したこともあったが、多くの人が保持し、集客に有効活用できるメリットなどがあるとみてTポイントの採用に踏み切った。

 Tポイント導入の背景として、祖師谷エリアの近隣居住者とTポイントとの親和性の高さが挙げられる。通常のT会員比率の全国平均は38%だが、祖師谷エリアの近隣居住者のT会員比率は約70%と、他地域と比べて高い数値となっている。そのため、商店街では特にカードを発行することなく、サービスを利用してもらうことが可能だ。また、近隣在住者以外の人が商店街に訪れた際、便利に利用してもらえるメリットもあったという。

 導入に向けて、まず商店街の加入店舗へのアンケートを実施したが、各店舗の評判も決して悪くはなかったそうだ。また、すでに先行して導入している一部の店舗では販促に有効活用できているケースも出てきているため、「効果が出てくれば参加店舗は多くなる」と見ている。

専用のカードリーダーとタブレット端末をセットで提供

photo
Tポイントリーダー機能を備えた専用タブレット端末「T-UNIT3」。Yahoo! JAPANでは、商店街向けのスマートフォンアプリ「Y!トク from Yahoo! JAPAN(仮称)」も開発し、7月から提供する予定だ
 Tポイントを導入した商店街の店舗も「5~10年のスタンスで見たときに、30~40代の購買層を取り込むきっかけになる」と期待する。同商店街ではすでに、「ウルトラマン商店街スタンプ」のサービスを行っているが、Tポイント採用は若年層を中心とした新たな購買層にリーチできるメリットがあるそうだ。また、Tポイント利用者は、店員の説明なく、カードを提示する傾向にあるという。

 今回、導入店舗には、専用のカードリーダーと7インチのタブレット端末をセットにしたTポイント用端末「T-UNIT3」を設置した。利用客がTカードを提示して買い物をするとTポイントが貯まるほか、クーポンなどのさまざまな特典が得られる仕組みを提供している。3商店街では、「今後は、Yahoo!JAPANが提供するインターネットサービスとの連携も行っていきたい」としている。

 なお、「T-UNIT3」には、会員がTポイントを提示した際に会員ランクを表示できる機能を搭載している。店舗は利用客の来店や来店実績をもとに、アプリを通じてイベント情報やクーポン、セール情報などを発信できるのもメリットと言える。

【次ページ】すでに8,000店舗の中小店舗と契約、専用のレジスターも開発

流通・小売業IT ジャンルのセミナー

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!