開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • スペシャル
  • 2015/06/18

VMwareの仮想化ソフトウェア開発事例に学ぶ、変革を促す3つの開発アプローチ

スタンフォード大学からスピンアウトした5人の仲間が創業したVMwareは、この十数年の間に急成長した企業のひとつだ。いまや仮想化技術のデファクトとなった同社の製品は、どのように開発されているのか。5000人ものエンジニアを抱える同社のソフトウェア管理の考え方や、PerforceやEMC XtremIOを活用した、クラウドファーストの開発手法を紹介したい。

5000人以上のエンジニアを抱えるVMware

photo
VMware Shanghai
R&D General Manager
スティーブン・フー氏
 ソフトウェア構成管理ツール「Perforce」のユーザーカンファレンス「Perforce On The Road in JAPAN」に登壇したのは、VMware Shanghai R&D General Manager スティーブン・フー氏だ。同氏は講演の冒頭、同社のこれまで歩みを紹介した。

 VMwareは、1998年にカリフォルニア州パロアルトの小さなオフィス“クラックハウス”から始まった。スタンフォード大学からスピンアウトした5人の仲間が、x86の仮想化技術をベースに「VMware Workstation」を開発。PCで動作するOS上に仮想マシンを作成し、そこでゲストOSとしてLinuxを動作させたり、Windowsを動作させることを可能にした。1つのプラットフォームで柔軟に複数のテスト環境が整えられたため、当初はテスターやデベロッパーから絶大な支持を受けた。

画像
VMware 17年間の歩み。わずか5人からスタートした企業は、いまや15000人の大所帯になった

 その後、エンタープライズ向けに「VMware ESX」が開発された。こちらはベアメタル型のハイパーバイザーで、VMware自体を動作させるホストOSが存在しない点が、前者のVMware Workstationとの違いであり、大きな特徴だ。専用のホストカーネルが直接ハードウェア上で動作し、仮想マシン環境を構成するため、信頼性が高く、データセンターなど大規模な用途に使われるようになった。

 いまやVMwareといえば、仮想化技術のデファクトとして認知されるほど有名になった。17年前に、わずか5人から始まった同社は、売上46億ドルもの大企業となり、この分野では一人勝ちの状態だ。

「我々は1万5000人の従業員のうち5000人がエンジニアという技術者集団です。パロアルト、アトランタ、オースティン、ケンブリッジ、インド、北京、上海などにR&D拠点を構え、データセンターも複数のグローバル拠点で稼働しています」(スティーブン氏)

【次ページ】VMWareの変革を促す3つの開発アプローチ

品質管理 ジャンルのセミナー

品質管理 ジャンルのトピックス

品質管理 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!