• スペシャル
  • 2015/06/18 掲載

VMwareの仮想化ソフトウェア開発事例に学ぶ、変革を促す3つの開発アプローチ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
スタンフォード大学からスピンアウトした5人の仲間が創業したVMwareは、この十数年の間に急成長した企業のひとつだ。いまや仮想化技術のデファクトとなった同社の製品は、どのように開発されているのか。5000人ものエンジニアを抱える同社のソフトウェア管理の考え方や、PerforceやEMC XtremIOを活用した、クラウドファーストの開発手法を紹介したい。

5000人以上のエンジニアを抱えるVMware

photo
VMware Shanghai
R&D General Manager
スティーブン・フー氏
 ソフトウェア構成管理ツール「Perforce」のユーザーカンファレンス「Perforce On The Road in JAPAN」に登壇したのは、VMware Shanghai R&D General Manager スティーブン・フー氏だ。同氏は講演の冒頭、同社のこれまで歩みを紹介した。

 VMwareは、1998年にカリフォルニア州パロアルトの小さなオフィス“クラックハウス”から始まった。スタンフォード大学からスピンアウトした5人の仲間が、x86の仮想化技術をベースに「VMware Workstation」を開発。PCで動作するOS上に仮想マシンを作成し、そこでゲストOSとしてLinuxを動作させたり、Windowsを動作させることを可能にした。1つのプラットフォームで柔軟に複数のテスト環境が整えられたため、当初はテスターやデベロッパーから絶大な支持を受けた。

画像
VMware 17年間の歩み。わずか5人からスタートした企業は、いまや15000人の大所帯になった

 その後、エンタープライズ向けに「VMware ESX」が開発された。こちらはベアメタル型のハイパーバイザーで、VMware自体を動作させるホストOSが存在しない点が、前者のVMware Workstationとの違いであり、大きな特徴だ。専用のホストカーネルが直接ハードウェア上で動作し、仮想マシン環境を構成するため、信頼性が高く、データセンターなど大規模な用途に使われるようになった。

 いまやVMwareといえば、仮想化技術のデファクトとして認知されるほど有名になった。17年前に、わずか5人から始まった同社は、売上46億ドルもの大企業となり、この分野では一人勝ちの状態だ。

「我々は1万5000人の従業員のうち5000人がエンジニアという技術者集団です。パロアルト、アトランタ、オースティン、ケンブリッジ、インド、北京、上海などにR&D拠点を構え、データセンターも複数のグローバル拠点で稼働しています」(スティーブン氏)

【次ページ】VMWareの変革を促す3つの開発アプローチ

関連タグ


関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます