開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/10/04

ITRの調査で、「セキュリティ人材」の確保と育成が困難な現状が浮き彫りに

アイ・ティ・アールは4日、同社が発行したユーザー調査とベンダー調査を連動した市場調査レポート「ITR Cross View:セキュリティ市場の実態と展望2016」の中から、セキュリティ関連製品および施策のユーザー動向調査結果を発表した。

 独立系ITコンサルティング・調査会社のアイ・ティ・アール(以下、ITR)は4日、セキュリティ関連の製品および施策についてのユーザー動向について調査を行い、調査結果の中からセキュリティ対策を運用するうえでの現在の課題について発表した。

 本レポートは、統合ログ・SIEM、Webゲートウェイ・セキュリティ、サンドボックス型ゲートウェイ・セキュリティ、DDoS対策、データベース監査・保護を対象に、企業における導入状況や投資計画、製品・サービスの満足度、選定時の重視要素などを調査している。本レポートの主なトピックは以下の通り。

セキュリティ対策を運用するうえでの課題としては「人材の確保・育成」

 セキュリティ対策を運用するうえでの現在の課題について選択肢から回答を得た(図1)。「セキュリティ人材の確保が難しい」「専任のセキュリティ要員を確保するのが難しい」「セキュリティ人材の教育が難しい」が上位にきており、セキュリティ人材の確保と育成が近々の課題であることが明らかとなった。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

セキュリティ総論 ジャンルのセミナー

セキュリティ総論 ジャンルのトピックス

セキュリティ総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!