開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/04/08

サッカークラブの売上高 世界ランキング:バルサやレアルの収益が1兆円超えの理由

現状は新型コロナの影響で各国のリーグ開催もままならない状況だが、世界のプロサッカークラブのうち、2018・19年シーズンの売上高トップ20の合計収益は106億ドル(約1.1兆円)にのぼった。スペインの二強であるFCバルセロナ(バルサ)、レアル・マドリードがワンツーフィニッシュを飾ったのをはじめ、英国のマンチェスター・ユナイテッド、ドイツのバイエルン・ミュンヘンなど、スター選手を多数抱え、世界的な実力を誇る欧州のチームが圧倒的に強いことがわかる。なぜ欧州の強豪サッカーチームは飛躍的に収益を伸ばすことができているのか。ひも解いていこう。

執筆:野澤 正毅 企画・構成:編集部 松尾慎司

執筆:野澤 正毅 企画・構成:編集部 松尾慎司

野澤 正毅:1967年12月生まれ。東京都出身。専門紙記者、雑誌編集者を経て、現在、ビジネスや医療・健康分野を中心に執筆活動を行っている。

画像
リオネル・メッシ所属のFCバルセロナはクラブ収益でもトップを走る
(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

テレビ観戦の普及で、放映権料が44%に拡大

 世界中のプロサッカークラブの収益を順位づけした「デロイト・フットボール・マネー・リーグ」の2018・19年シーズン版が発表された。調査したデロイトトーマツによれば、トップ20のクラブの合計収益は106億米ドル(約1.1兆円)で史上最高額となり、初めて100億米ドルの大台を突破したという。とりわけ、稼ぎ頭は上位5チームで、それらの合計収益は、10~20位のチームの収益を上回る。

 プロサッカークラブの主な収益源には、チケット販売やスポンサーからの収入、ライセンス供与によるグッズ販売や広告収入などがあるが、中でも大きいのが放映権料で、収益の平均約44%を占めている。テレビを通じて、プロサッカーが、世界の津々浦々で気軽に観戦できるようになったことが大きい。

 とりわけ、FIFA(国際サッカー連盟)の「ワールドカップ」や「オリンピック」は、世界中に放映されるため、プロサッカークラブの収益アップに貢献している。海外のハイレベルのゲームを目の当たりにしたサッカーファンは、海外の選手やチームにも興味を持つようになり、世界トップ級の選手やチームは、グローバルな人気を集めるわけだ。

 収益ランキング上位のクラブには、ワールドカップやオリンピックでも活躍するスター選手が多数所属しているため、彼らの人気が、そのまま所属チームの人気にもつながる。欧州のチームにとっては、UEFA(欧州サッカー連盟)の「チャンピオンズリーグ」に進出できるか否かも収益をも大きく左右する。

 なお、世界のスポーツ競技人口でも、サッカーは指折りだ。サッカーはボールがあれば、いつでも、どこでも練習できるし、ちょっとしたスペースがあれば、ゲームができる。サッカーが世界的に普及している理由の1つだろう。また、そうした愛好者の裾野の広さが、グローバルなサッカー人気を支えている。FIFAによれば、世界人口の過半数である約35億7200万人が、2018年のワールドカップをテレビやインターネット配信などで視聴したという。

欧州勢が優勢な2つの理由とは?

 プロサッカークラブの収益ランキングを見ると、とりわけ、欧州勢が優勢なのがわかる。

画像
プロサッカークラブの収益ランキング

 理由として、大きく2つが考えられる。1つは、サッカーの欧州市場が巨大であること。サッカー発祥の地である欧州は、伝統的にサッカーが盛んな上に、国民所得が高い。欧州の有力チームは、もともと本拠地の熱狂的で層の厚いファンに支えられている。そのため、財政基盤が安定しやすい。

 もう1つは、ブランディングによるビジネス化に成功したこと。チケット販売だけに依存せず、マルチメディア戦略の展開によって、放映権料や広告収入、コンテンツビジネスなどに収益源を多角化した。財政基盤が拡充されたことで、南米やアフリカなどのサッカー大国からも、高額の年俸で有力選手を集められるようになった。その結果、チームが強くなって人気がさらにアップし、成長にドライブをかけることになった。

 収益ランキングの第1位はFCバルセロナで、収益は9億ドル(約970億円)を突破した。1899年に創設されたスペインを代表する老舗チームだ。独立騒動で揺れているカタルーニャ州の州都、バルセロナが本拠地。FIFAのクラブワールドカップでは3回の優勝経験がある。リオネル・メッシなどの世界トップ級の選手を擁し、日本のサッカーファンにもお馴染みだろう。楽天がメーンパートナーとなっている。グッズ販売やライセンスビジネスを内製化したことが、同チームの収益力アップにつながったと、デロイトトーマツは分析している。

 第2位もスペイン勢。首都のマドリードを本拠地とするレアル・マドリードだ。1902年設立で、スペイン国王から「レアル」(王立)の称号を与えられた名門。FCバルセロナと並ぶ強豪で、クラブワールドカップでは7回の優勝を誇る。ジネディーヌ・ジダン、クリスティアーノ・ロナウドなどのスター選手が活躍したことでも知られる。

 第3位は、英国を代表するマンチェスター・ユナイテッド。産業革命の故郷であるマンチェスターで、1878年に創設された欧州FCの草分け。デビッド・ベッカムの活躍や、Jリーガーの香川真司選手が移籍したことで、日本でも一躍有名になった。

【次ページ】ここ5年で一番収益を増やしたプロサッカークラブはどこ?

農業・漁業・林業 ジャンルのトピックス

農業・漁業・林業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!