開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/10/20

毎日10万包の試供品を3名で回す。広島の化粧品メーカーが明かす、徹底した自動化術

連載:経営トップに聞く「優秀企業のアプローチ」

「グッドカンパニー大賞」(中小企業研究センター選出)を受賞した企業の知られざる創意工夫を聞く本連載。第2回目は、広島に本社を置きヘアケア製品/化粧品メーカーを製造・販売するヤマサキに伺った。同社は経済産業省の「IT経営百選」「IT経営力大賞」などにも選出されており、先進的なICT活用を評価されてきた企業でもある。生産管理システムもSFAもスクラッチで開発し、ITによる効率化に並々ならぬ意欲を注いでいる同社 代表取締役 山崎 宏忠氏にその取り組みを聞いた。

フリーライター 井上 猛雄

フリーライター 井上 猛雄

1962年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。産業用ロボットメーカーの研究所にて、サーボモーターやセンサーなどの研究開発に4年ほど携わる。その後、アスキー入社。週刊アスキー編集部、副編集長などを経て、2002年にフリーランスライターとして独立。おもにロボット、ネットワーク、エンタープライズ分野を中心として、Webや雑誌で記事を執筆。主な著書に『キカイはどこまで人の代わりができるか?』など。

photo
ヤマサキの徹底した自動化の仕組みとは
(画像提供:ヤマサキ)



“洗い流さないトリートメント”開発、通販会社との提携で大ヒット

──貴社の成り立ちや事業内容、ビジョンについて教えていただけますか?

山崎宏忠 氏(以下、山崎氏):父親が警察官で、私も3年ほど警察官として働いていたのですが、制服をクリーニングに出すといつも、感心するほどキレイになって返って来ていました。それで、あるときクリーニング屋さんに「なぜ、いつもこんなにキレイになるのですか?」と尋ねると「特殊な業務用洗剤を使っている」と。それで、この洗剤を小分けにして家庭に売れば喜んでもらえるのでは? と考えて起業に踏み切りました。
photo
ヤマサキ
代表取締役
山崎宏忠 氏
警察官から一転、起業。洗剤の訪問販売からスタートし、同社を年商42億5000万円(2020年2月期)の企業まで育て上げた


 それが、ちょうど50年前の1970年のこと。当初は洗剤から始まり、いまはヘアケア、スキンケア、入浴剤・アロマの3分野で事業を展開しています。

 このうちシャンプーやヘアケアなどのヘアケア分野が売上の約9割を占める稼ぎ頭になっています。現在の主力商品になっているのが、お風呂上りのぬれた髪につけていただくトリートメントの「ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス」です。

画像
同社の稼ぎ頭、主力製品になっているヘアケアのプランド「ラサーナ」。スキンケア、入浴剤・アロマの3分野で事業を展開しているが、ヘアケアが約9割の売上を占める
(画像提供:ヤマサキ)
 すでに発売してから22年がたちますが、当時は市場が存在しなかった“洗い流さないトリートメント”という新しいカテゴリーでした。この商品は、海藻を中心にした成分と美容成分で構成されていますので、普通のトリートメントと違い、洗い流さなくても良いという大きな特徴があります。現在では数十社の競合がおりますが、その中で連続12年間トップシェアになっています。

 ただ、発売当時は世の中にない商品だったので、なかなか受け入れてもらえませんでした。そこで、まず商品の良さを知っていただくために試供品を作り、実際に使ってもらおうと思いました。創業当初、衣類洗剤を小分けにし、訪問販売で売上を伸ばした成功体験があったので、同じ発想でやればうまくいくと思ったのです。

 さらに通販会社のニッセンやべルーナと提携し、その段ボール箱に弊社の試供品を一緒に入れていただく契約を結びました。通販会社のチャネルを活用し、販路を拡大する戦略を取ることで、お客さまへのリーチが広がりました。この手のビジネスモデルは当時なかったので、我々がはしりだと思います。この施策により商品の売上が1年で倍増しました。

毎日10万包の試供品を工員3名で回す自動化の仕組み

──貴社が工夫されている独自の取り組みや技術を教えてください。

山崎氏:我々は、ほとんどの商品の試供品をご提供し、商品の良さを納得してもらってから、お買い上げいただくようにしております。つまり、大量に作って、お配りする試供品が必要になるわけです。そのために、2007年に広島市内に3階建ての工場を建設しました。現在100名ほどの従業員が働いています。

 ここで主力商品のラサーナ 海藻 ヘア エッセンスをはじめとする商品だけでなく、試供品も生産しています。試供品については、年間3000万包、つまり月産で250万包、毎日10万包ぐらいを生産している計算です。

画像
2007年に始動した広島市の西風新都新工業地区の工場。3階建て、延べ床面積約5000平方メートルで、当時から自動化された最新の生産設備をそろえていた
(画像提供:ヤマサキ)

──えっ? 10万包もの試供品を毎日生産しているのですか?

山崎氏:はい、試供品の生産設備は国内トップクラスを誇ります。すべて自社工場で生産しているため、最新の生産設備を採用しています。いまは試供品用の機械が7台ありますが、これらを3名で回しているので、かなりオートメーション化が進んでいます。

 試供品の専用機械には、ロールのようなフィルムがセットしてあり、それを熱加工しながら袋の状態にして、数mlの試供品を充塡(じゅうてん)していきます。薬の自動パッキング装置に近いイメージでしょうか。

 また、工場では製造だけにとどまらず、原料の入荷から、資材の調達、そして製造後の出荷までのプロセスを一貫して実施しています。

画像
試供品用の機械。ロール状のフィルムがセットされ、これを袋状にして試供品を充填していく(写真左)。パッケージングされた試供品が機械から出てきたところ(写真右)
(画像提供:ヤマサキ)

画像
工場内の生産ラインの様子。こちらは試供品ではなく、正規の商品を生産しているところ。原料入荷から、資材調達、製造、出荷までのプロセスを一貫して行っている
(画像提供:ヤマサキ)

 まず入荷した材料や資材(容器など)は、コンピューター制御の立体自動倉庫に運ばれます。1000平方メートルのスペースに1100パレットを収納でき、空きパレットの棚に材料などが自動で移動されます。

画像
1000平方メートルのスペースに1100パレットを収納できる、ダイフク製の巨大な自動倉庫。在庫管理システムと連動し、空きパレットの棚に材料などを自動で移動する
(画像提供:ヤマサキ)

 在庫管理システムから、生産工程と使うパレットを登録すると、各生産工程の入出庫口に、必要な原材料が運ばれていきます。自動倉庫が生産管理システムと連携しているため、原料と資材の在庫状況がすべて把握でき、自動発注もできる仕組みです。これにより生産指示を自動発行したり、資材・原料・製品の厳密なロット管理を実現しています。

 また通販の出荷を行う現場では、DPS(デジタルピッキングシステム)が導入されています。通販で注文をいただくと納品書が発行され、そこに注文番号とバーコードが印刷されます。このバーコードをリーダーでスキャンすると棚のLEDが光って、各商品を何個取るのか表示されます。ペーパーレス化と誤発送の防止により、商品を迅速にお届けでき、作業効率の向上に一役買っています。

画像
通販の出荷時に使われているDPS(デジタルピッキングシステム)。注文ごとに複数の商品を箱詰めするために、商品棚についたLEDで個数を表示させ、必要な商品を取る仕組み
(画像提供:ヤマサキ)

【次ページ】生産管理システムもSFAもスクラッチで開発するこだわり

お勧め記事

人件費削減 ジャンルのトピックス

人件費削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!