開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/10/26

電動トラック「リヴィアン(Rivian)」が挑むテスラとの戦い、なぜアマゾンも出資?

ピックアップトラックやSUVの分野で電気自動車開発を手掛ける米国のスタートアップ企業「リヴィアン(Rivian)」が大きな注目を集めている。富裕層による利用を想定した「ラグジュアリートラック」として、環境性能や自動運転技術を導入し、既存の車種からの差別化を図る。予約注文を受けている段階ながら、56億ドル近い資金を調達した、いわゆるユニコーン企業だ。投資家の中にはフォード自動車のほかにアマゾンも名を連ねる。電気自動車の分野で先行するテスラと競争できる数少ない企業として、リヴィアンには期待がかかっている。

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

Mint Labs製品開発部長。1981年栃木県生まれ。2006年東京大学大学院工学系研究科修了。日本アイ・ビー・エムにてITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務した後、ESADE Business SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は、スペイン・バルセロナにある医療系ベンチャー企業の経営管理・製品開発を行うとともに、IT・経営・社会貢献にまたがる課題に係るコンサルティング活動を実施。Twitterアカウントは@takayukisato624。ビジネスモデルや海外での働き方に関するブログ「CTO for good」を運営。

画像
リヴィアン製のEV、電力を利用してキャンプ用キッチンとしても使える
(出典:リヴィアン)


ピックアップトラックとSUVに電気自動車で差別化

 米国の自動車市場ではピックアップトラックが乗用車として高い人気を誇っている。車両後部が荷台になっているので、日本では農業や工事現場で用いられる商用車としての印象が強いが、土地の広い米国では荷物の運搬が容易になるため、自家用車としての利用が見られる。また、その派生としてSUVの人気も高い。

 MarkLinesの調査では、2019年の米国新車販売台数上位3位まですべてピックアップトラックが占めていた。フォード「Fシリーズ」、ラム「ピックアップ」、シボレー「シルバラード」の3車種だ。さらに、4位以降には日本製のSUVが続き、トヨタ「RAV4」、ホンダ「CR-V」、日産「ローグ」が続いている。

 最も人気のカテゴリであるピックアップトラックやSUVは、高級感・デザイン性・先進機能による差別化が期待される分野だ。特に、富裕層のステータスとして、高級ピックアップトラックが注目を集めている。燃料消費の多い車種であるため、二酸化炭素排出量を抑える環境性能を向上させる取り組みが期待されてきた。

 この成長分野で「ラグジュアリートラック」のコンセプトを掲げ、一躍注目を集めているのがリヴィアンだ。2009年に米国で創業された同社は、電動ピックアップトラック「R1T」、ならびに電動SUV「R1S」を発表し、大きな話題を集めたのだ。

画像
電動ピックアップトラック「R1S」
(出典:リヴィアン)


 R1Tの中価格帯モデルは約6万9000ドル、R1Sの中価格帯モデルは約7万2000ドルと高価だが、それに見合った大容量バッテリーや洗練されたデザイン、さらに、運転支援システムといった要素が含まれている。市街地だけではなく、オフロードでの走行も想定した、電気自動車として存在感を示してきた。

 2020年の段階では一般発売を行っておらず、1000ドルの預かり金を伴う予約販売を受け付けている。2021年にピックアップトラックとSUVを合わせて2万台、2022年に4万台を販売するという計画が報じられた。

アマゾンはなぜリヴィアンに投資したのか

 リヴィアンのEV開発を可能にしたのはその大型資金調達だ。2020年7月には25億ドルの投資を受け、電動トラックの開発・生産を加速してきた。2019年にフォードから資金を調達したのを含め、合わせて56億ドル近くの投資を受けている。ピックアップトラックやSUVの市場の大きさやリヴィアンの技術がそれだけ評価されている証しと言えるだろう。

 アマゾンは2019年に7億ドルを投資したのに加え、同社の配送に用いるため、リヴィアンに10万台の電動トラックを発注したことが報じられた。リヴィアンの電気自動車に、音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」を搭載し、空調やトランク開閉といった自動車の操作を行うようにする計画だ。

 アマゾンがその配送網に電気自動車を採用するのは環境への配慮という側面がある。2040年までに事業全体でのCO2排出を実質ゼロにするというビジョンを示しているからだ。リヴィアンへの投資はその一環と見ることができる。

【次ページ】リヴィアンをSWOT分析、米国の保守的な層にアピールするリヴィアン

製造業IT ジャンルのセミナー

製造業IT ジャンルのトピックス

製造業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!