開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/12/16

ローコード開発の選定に役立つ11の機能要件、9の非機能要件、ガートナー飯島氏が解説

アプリケーション開発の迅速化ニーズが高まりながらも、IT部門は年を追うごとに多忙さを増しており、なかなか着手できないケースも多い。こうした中、関心が高まっているのが、コード記述を抑えることで開発期間を短縮するとともに、現場による開発、いわゆる市民開発の活性化などが見込める「ローコード開発」であり、そのための「ローコード・アプリケーション・プラットホーム(LCAP)」だ。ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門 アプリケーション・アーキテクチャ、プラットフォーム、インテグレーション担当 シニア ディレクター 飯島公彦氏が、最適なLCAP選定に向けた3つのステップ、11の機能要件、9の非機能要件、開発フェーズで留意すべき4つのポイントまで、詳しく解説する。

執筆:フリーライター 岡崎勝己

執筆:フリーライター 岡崎勝己

画像
コード記述を抑えて開発期間を短縮するLCAPを使いこなすためのポイントとは?
(Photo/Getty Images)

※本記事は「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」の内容をもとに再構成したものです。

専門知識乏しくても開発生産性を高めるLCAP

 経営環境のめまぐるしい変化に対応すべく、アプリ開発の迅速化ニーズは高まる一方だ。その実践手法として近年になり脚光を浴びているのが、ローコード開発のための機能や開発プロセスを提供するLCAPだ。LCAPとは「プログラミングのモデル駆動型などによる高度な抽象化」「ワンストップでの実装」「アプリケーション実行環境と管理機能」「UIやビジネス・ロジック、データの開発」などの要件を満たす開発ツールとガートナーは定義する。

 LCAPのメリットは多岐にわたる。まずは事前に用意された機能ブロックを積み上げる感覚での開発を通じて、専門知識が乏しくとも開発に乗り出せることもその1つ。昨今の市民開発の広がりも、LCAPの登場があったからこそだ。また、同様の理由から、開発生産性を大きく高められることもある。

 加えて、モバイルやプロセス自動化など、多様な領域での開発で活用が見込めることも大きく、セキュリティやディザスタリカバリーなどの多様な管理機能も備え、各種管理の仕組みを容易に実装できる点も見逃せない


最適なLCAP選定に向けた3つのステップ

 その上で、LCAPはいまだ現在進行形で機能を拡充している最中だ。ガートナーの飯島公彦氏は、「アプリケーションの開発と実行というコア機能を中心に、関連機能の拡充も急ピッチで進んでいます。その代表が、データモデルの作成・読み込みのためのデータベース機能や、プロセス構築・ワークフロー実行のためのプロセス管理機能などですが、それ以外にもシステム連携のためのAPI管理や、機能実行中の各種判断のためのAIなども、今では標準的に用意されているほどです」と説明する。

画像
図1:LCAPは開発と実行というコア機能を中核に、関連機能の拡充も急ピッチで進んでいる
(出典:Gartner)


 もっとも、LCAPには製品ごとに、機能や特性の違いが厳然として存在する。そうした中での、自社に最適なLCAP選定に向けたアプローチとして飯島氏が提示するのが、次の3つの観点による段階的な確認だ。

 まずは、LCAPによるアプリ開発の「目的」だ。LCAPはアプリ開発のための機能を豊富に備えるが、それらの重要度は当然、何を目指すかにより変わってくる。例えば、「業務の自動化・連携・インテリジェント」が狙いであればプロセス管理やAIなどの機能、「市民開発による現場に近い領域での開発活性化」であれば本来機能であるアプリケーション開発と実行機能、「SaaS拡張」であれば外部連携のためのAPI管理機能の重要性が当然ながら増す。

「そこで、利用シーンやビジネスで期待する成果を基に、LCAPの利用の目的を明確化します。狙いが複数にわたることも往々にしてありますが、後々を考え、何を優先すべきかもこの段階で決めておくべきでしょう」(飯島氏)

【次ページ】11の機能要件、9の非機能要件

RPA・ローコード・ノーコード ジャンルのトピックス

RPA・ローコード・ノーコード ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!