• 会員限定
  • 2022/06/02 掲載

八子知礼氏・福本勲氏らが激論、「DX未着手」が約6割……製造業DXが進まない根因とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
多くの企業がDXに取り組む中で、特に製造業においては「カーボンニュートラル」や「ESG」にどう配慮していくかが課題となっている。こうした中、製造業の経営から現場までに精通し、多くの企業のDX支援を行っている3人の専門家が、製造業におけるDX、そしてカーボンニュートラルの取り組みの現状と課題について議論した。
photo
コアコンセプト・テクノロジーの田口紀成氏(左)、東芝の福本勲氏(真ん中)、INDUSTRIAL-Xの八子知礼氏(右)の3名が、「なかなか進まない製造業のDX」について語りあった

※本記事は、コアコンセプト・テクノロジーが主催した「製造業におけるDXの”その先”へ」の講演内容を基に再構成したものです。

なぜ製造業にDXが必要なのか? 「4つの理由」とは

 今や業種・業界を問わず、あらゆる企業が取り組んでいるのがDXだ。ただし、DXに取り組む理由は業界によって異なる。それでは、製造業がDXに取り組むべき理由は何だろうか。東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター チーフエバンジェリストの福本勲氏は「製造現場のノウハウ継承が困難になったこと」「ものづくりの競争力の維持」「製品変化への対応」「業務のリモート化ニーズの拡大」の4つのポイントを挙げる。

photo
東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター
チーフエバンジェリスト
福本 勲 氏

 「日本の製造業は、これまで匠のノウハウを人から人に継承してきました。しかし、生産年齢人口が減少する中、培ったノウハウをすべて人に継承することは難しくなってきています。そのため、今後は可能なかぎりデジタルに継承できるノウハウはデジタルに継承していく必要があり、そのためにも製造業はDXに取り組むべきなのです」(福本氏)

 2つ目は競争力の維持だ。福本氏は、「日本企業の生産現場では、数十年前の機械がいまだに動いていることも珍しくありません。一方、海外はゼロベースから最新設備を導入している工場がたくさんあります。そうした状況下でも、ものづくりの競争力を維持することが求められており、その鍵となるのがDXというわけです」と語る。

 さらに最近は、製品が複雑化しソフトウェア制御の範囲が増えていることから、従来のように製造現場のノウハウだけで品質を高めることが難しくなってきた。また、顧客に製品を納入した後にもソフトウェアのアップデートなどを通じて、製品を使う顧客のニーズに常に対応していくことまでを考えたものづくりが求められている。このような環境変化に対応するためのDXは欠かせない。

 そして4つ目がリモート対応だ。コロナ禍の影響により、リモートでの作業支援やメンテナンスの仕組み作りが求められている。

画像
いまなぜ製造業DXが必要なのか

日本のDXが遅れている「3つの理由」

 それでは現在、日本の製造業のDXはどれくらい進んでいるのだろうか。福本氏は、DXの取り組み状況を調査したIPAの「DX白書2021」から、日米の比較データを示しながら現状について次のように話す。

画像
DXへの取り組み状況(日米比較)

「データを見ると、DXに取り組んでいる企業は日本が約56%、米国が約80%と約24%の差があります。このデータを業種ごとに見ると、特に製造業での差が顕著で、日本は約20%(一部門の取り組みと合わせて45.3%)、米国は約44%(一部門の取り組みと合わせて74.2%)となっています。それだけ製造業のDXが遅れているのです」(福本氏)

画像
業種ごとのDXへの取り組み状況(日米比較)

 なぜ、日本のDXは遅れているのだろうか。福本氏は、日本のDXが遅れている原因として次の3つを挙げ、それぞれを解決すことが重要だと強調する。

  1. (1)IT化やデジタル化が目的になってしまう
  2. (2)IT人材が自社にいないため、ITベンダーに依存する傾向がある
  3. (3)取り組みが既存ビジネスの延長線上での効率化に偏重する傾向がある

 一方、製造業のDXが進まない原因を「魔のデッドロック」という表現で別の視点から指摘するのが、INDUSTRIAL-X 代表取締役の八子知礼氏だ。

photo
INDUSTRIAL-X
代表取締役
八子 知礼 氏

「DXを進めようとしても、古い設備がボトルネックになります。そこで設備を入れ替えようとすると『その機械でないとダメ』という現場の人が出てきます。つまり今度は人がボトルネックになります。また、作業などの属人化解消のためにデジタルツールを活用しようとすると、ツール利用に求められるリテラシーやスキルがボトルネックになります。このように、『物理システム』『ヒト』『デジタル』の3要素が相互にボトルネックとなり、がんじがらめになってしまう状況が『魔のデッドロック』です」(八子氏)

 したがって、人のマインドセットを変え、業務を自動化する際には、その業務に携わっていた人たちの教育・リスキリングを充実させて、心理的な安全性を担保するなどの取り組みが重要になると八子氏は指摘する。

【次ページ】製造業の脱炭素、「排出量の把握」が超重要なワケ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます