• 会員限定
  • 2022/07/30 掲載

アマゾンによるOne Medical買収に見えた「現代のコングロマリット」という成長戦略

記事をお気に入りリストに登録することができます。
アマゾンは2022年7月21日、メディカルケア企業One Medicalを1株18ドル(推定39億ドル、およそ5,200億円)で買収することを発表した。アマゾンはすでに、Amazon CareやAmazon Pharmacyを展開しており、今回の買収で同社のヘルスケアサービスはさらに強化されることになる。Eコマース企業といわれるアマゾンだが、なぜヘルスケアビジネスに多大な投資を行うのか。その背景を探ってみたい。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
すでに遠隔医療サービスやオンライン薬局を展開していたアマゾンの次なる一手
(Photo/Getty Images)

アマゾンが投資を強化するヘルスケア事業

 アマゾンはOne Medicalの買収によって、同社がこの数年注力してきたヘルスケア分野のビジネス領域を強化・拡大することになる。

 現在、米国において、アマゾンのヘルスケア分野における主要ビジネスは、遠隔医療サービス「Amazon Care」とオンライン薬局「Amazon Pharmacy」といえるだろう。

 Amazon Careは、2019年にアマゾン社員を対象に試験運用が開始され、2021年3月に本格ローンチされた遠隔医療サービス。24時間365日、Amazon Careスマホアプリを通じて医師や看護師による遠隔医療サービスを受けることができる。遠隔だけでなく、医療訪問による採血、心肺機能の検査、処方薬の配達なども追加で可能となっている。

画像
アマゾンはこれまで「Amazon Care」と「Amazon Pharmacy」を手掛けてきた

(Photo/Getty Images)

Amazon Pharmacyで競合の株価は大暴落

 一方、Amazon Pharmacyは2020年11月にローンチされたオンラインで処方薬を注文できるサービス。アマゾンプライム会員であれば、デリバリー代が無料となる。

 CNBCによると、このオンライン薬局サービス事業は、2017年の社内ディスカッションから始まり、2018年のPillPackの買収などを通じて数年かけて構築されてきたという。

 PillPackは、2013年にTJパーカー氏とエリオット・コーヘン氏が立ち上げた薬のオンラインデリバリーを提供する企業。アマゾンは2018年6月に、そのPillPackを7億5,300万ドルで買収。PillPackのインフラを活用しつつ、2019年11月に「PillPack by Amazon Pharmacy」というサービス名で薬のデリバリーサービスを開始した。2020年11月には、Amazon Pharmacyのローンチに伴い、PillPackは慢性疾患向けの薬のデリバリーに特化した独自事業として存続することが明らかにされた。

 IQVIAのデータによると、米国の処方薬支出は年間5,000億ドルに迫る規模で、現在も7%で成長する巨大市場。米国成人のうち心臓病、がん、糖尿病など少なくとも1つの慢性疾患を患っている割合は60%、2つ以上は40%といわれている。

 米国の処方薬市場はアマゾンが参入するまで、CVSやWalgreensといった大手薬局チェーンが幅を利かせた市場となっており、デジタル活用が遅れており、イノベーションが起こりにくい体質だったといわれていた。アマゾンが参入することによって、ディスラプションが起こることが期待されていた。

 実際CNBCによると、Amazon Pharmacyがローンチされた日の株式市場では、CVSの株価が8.6%下落したほか、Walgreens株が9.6%下落、Rite Aid株が16.2%下落、GoodRx株が22.5%下落するなど、処方薬市場プレーヤーの株価は軒並み下落する事態となった。一方、同日のアマゾン株は、前日より若干高い価格で取引されていたという。

【次ページ】フェルドマン教授「現代のコングロマリットを形成」

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます