• 会員限定
  • 2023/04/20 掲載

データ分析で「絶対NGな進め方」とは? データを問題解決につなげる8つのポイント

管理職向けデータ分析実践術

記事をお気に入りリストに登録することができます。
皆さんはビジネスの現場において、「データ活用」や「データ分析」という単語を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。近年、デジタル化が進むにあたり、データを駆使した業務を行う機会は以前より断然多くなっていると言えます。しかし、これまでのキャリアでデータ分析に触れてこなかった管理職の方は「そもそも何から手をつければいいかわからない」と悩むこともあるでしょう。そんな皆さまを対象に、データ分析や活用を始めるための基本をわかりやすく解説します。

執筆:Zoku Zoku Consulting 代表 中野 崇

執筆:Zoku Zoku Consulting 代表 中野 崇

Zoku Zoku Consulting 代表/ビジネスプロデューサー/ビジネスデザイナー 早稲田大学卒業。良品計画を経てマクロミルへ入社。上海支社の立ち上げ、韓国支社の経営再建、執行役員としてSaaS型の事業開発・統合マーケティング部門の立ち上げ・グループ全体のMission/Vision/Value策定、電通マクロミルインサイトの代表取締役社長など、第2創業期の要職を歴任。現在はスタートアップ・中堅企業・NPOなどに対し、データ・リサーチ・インタビューを活用した新規事業の企画~事業化~グロースをワンストップでコンサルティング。また、チームの一員として新規事業を推進しながら、チームの組織開発をも同時に実現する伴走型・OJT型のコンサルティングを得意としている。著書は『ビジネスプロデューサーの仕事(すばる舎)』『管理職のためのやさしい数値化技術(日経BP)』、動画講座は『データを問題解決につなげるビジネス基礎スキル(Udemy)』など多数。
事業紹介サイト:https://zokuzoku-design.co.jp/

photo
データ活用の基本的な流れとは?(後ほど詳しく解説します)

「データ活用」と「データ分析」の違いとは

 業務のデジタル化が進む現在、誰もがデータ活用・データ分析の必要性を感じていますが、何を・どう始めれば良いかわからないために、とりあえずデータ蓄積・とりあえずデータ分析・とりあえずBIツール導入を推進しているケースが散見されます。

 このような、とりあえずのデータ活用はビジネスの成果につながりません。何を・どうすれば良いのかをイメージできていること、最も大切なポイントを理解していることが、その後の適切なデータ活用や効率的なスキルアップにつながっていきます。そのため、連載初回の本記事では、ビジネスの成果につながるデータ活用の基本的な流れをお伝えします。

photo
『管理職のためのやさしい数値化技術』
画像をクリックすると購入ページに移動します

 なお、データ活用・データ分析という言葉の定義もさまざまですが、本連載では、「データ活用=データを用いて、ビジネスの問題解決を行う活動全般」という意味合いとして定義し、「データ分析=データ活用の中で、実際に数字やデータを集計・解析・解釈を行う実務作業」として定義することとします。

 管理職の皆さんはレビュアーとしてデータ活用する機会は多いと思いますが、自分自身がデータ分析実務をする機会は少なかったかもしれません。しかし、秘匿性が高い内容など管理職しかアクセスできないデータも多々ありますし、データドリブン時代においては、最低限のデータ分析実務スキルは必須です。

 本連載では、データ活用・データ分析をバランスよく触れていきたいと思っています。

ただ「分析」するだけでは、正しくない?

 まずは下の図1から見ていきましょう。こちらの図は、データ活用の基本的な流れについて示したものです。

画像
図1:データ活用の基本的な流れ

 ビジネスは問題だらけですから、皆さんの業務も何かしらの問題を解決する(あるいは問題が起こらないよう対処する)ために行っているはずです。問題が発生したら、問題解決にむけてデータを集め、集計してデータを数値化。必要に応じて回帰分析・多変量解析などやや高度な分析を行い、その結果を解釈する。解釈の結果、良い発見や示唆が見つかればOK。良いデータ活用ができた…!

 データ活用、あるいはデータ分析の流れを、このように認識している方はいないでしょうか?

 図1に記載しているように、データ活用の最終的な目的は「ビジネスの問題解決」です。問題解決のためには「新しいアクション」を実行しなければなりません。データから良い発見・示唆を得られたとしても、新しいアクションが実行されなければ、問題解決につながらなければ、データ活用としては不十分なのです。

 そこで重要になるのが、「データ活用企画」です。データ活用企画とはざっくり言うと、「ビジネスの問題解決に向けて、データをどのように活用し、どのようなアクションにつなげるのかを整理した計画」です。

 数万件の顧客情報を保有していても、そのデータから問題解決につながるアクションや意思決定を導きだせなければ、データの価値は小さいといえます。価値あるデータを蓄積するためにも、今あるデータを有効活用するためにも、データ活用企画は非常に重要となります。

 それでは、データ活用企画の中身とは具体的にどのようなものなのでしょうか。 【次ページ】データ活用企画で考えるべき「8つ」のポイント

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます