• 会員限定
  • 2023/11/28 掲載

王者メルカリが「取りこぼした」未開拓市場、総取り狙う“ある企業”が超強敵なワケ

【連載】流通戦国時代を読み解く

記事をお気に入りリストに登録することができます。
近年、急拡大しているリユース市場。その成長を牽引してきたのが、フリマアプリの「メルカリ」や、店舗型リユースショップの「ゲオ」や「ブックオフ」などだ。市場の過熱を物語るように、ゲオが運営するリユースショップ「セカンドストリート」の人気店には、連日買い取り待ちの行列が途絶えない。そんな注目のリユース市場では今、メルカリ、ゲオ、ブックオフなどの大手企業を脅かす、新たな勢力が誕生している。

執筆:nakaja lab 代表取締役 流通アナリスト/中小企業診断士 中井彰人

執筆:nakaja lab 代表取締役 流通アナリスト/中小企業診断士 中井彰人

みずほ銀行の中小企業融資担当を経て、同行産業調査部にてアナリストとして産業動向分析に長年従事。分野は食品、流通業界。主な著作物に「図解即戦力 小売業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書」(技術評論社)、「50年に一度の大転換期を迎えるスーパーマーケット業界」、「業態盛衰の歴史が示唆するこれからの小売の方向性」(中小企業診断士)などがある。

photo
メルカリ、ゲオ、ブックオフなど、大手企業が手を出せない……未開拓のリユース市場の総取りを狙う“ある企業”とは?
(写真:當舎慎悟/アフロ)

絶好調のリユース市場、なぜここまで成長?

 リサイクル通信「リユース業界の市場規模推計2023(2022年版)」によると、リユース市場規模は右肩上がりに成長しており、2022年で2兆9,000億円ほどになっており、2030年には4兆円になるという予測もある(図表1)。
画像
図表1:リユース市場規模の推移と予測
(出典:リサイクル通信「リユース業界の市場規模推計2023(2022年版)」より作成)

 市場を牽引してきたのは、ご存知メルカリに代表されるフリマアプリの浸透にあることは間違いなく、メルカリのIR資料にある総流通額の推移(図表2)を見ると、その存在感の大きさもよく分わかるだろう。

画像
図表2:メルカリの総流通量、利用者数の推移
(出典:メルカリIR資料より作成)

 2022年度(2023年6月期)には、売上9,846億円に達しており、図表1と照らし合わせて見ると、市場の約1/3をメルカリが占めているという計算になる。

 フリマアプリを多くの人が体験したことによって、「これまでは売れると思わなかったような不用品が実は売れる」ということに気付き、リユース市場が活性化したのである。また、コロナ禍の時期、在宅時間が増えたことで家の中を見直す機会が増えたこともあり、「こんなモノでも売れるかもしれない」、と商品を出展してみる人も増えた。

 そして、売れる、というだけではなく、自分にとって不用なものでも、使ってくれる人がいるのであれば、捨てるという罪悪感もなくなる。フリマアプリとコロナ禍が相まって、リユース市場は市民権を得た、と言っても良いだろう。

ゲオ・ブックオフは? 店舗型リユースの売上推移

 フリマアプリによってリユースが一般化したことによって、従来からあった店舗型リユースショップの需要も拡大に向かっていく。

 フリマアプリは優れものではあるが、1つひとつ出品手続きし、売れたら梱包して発送しなければならない。また、買い手との個別交渉が発生することもあり、こうした手順を煩わしいと思う人もいる。また、送料がかかるため、売れる価格によってはアシが出てしまうこともある。

 その点、店舗型リユースショップに持っていけば、まとめて一度に数多くのモノを処分出来るという利点が再評価された。図表3は店舗型リユースチェーン大手の売上動向だが、着実に拡大していること、そしてコロナ期に拡大スピードが加速したことが見て取れるだろう。フリマアプリと店舗型リユースショップは競合ではあるのだが、棲み分けをしながら、市場の拡大に貢献しているという関係なのだ。

画像
図表3:店舗型リユースチェーン大手の売上動向

 こうしてリユース市場は拡大してきたのだが、フリマアプリにも店舗型リユースショップにも課題はある。

 フリマアプリはスマホがないと使えない一方、店舗型リユースショップにしても郊外のロードサイドに立地していることが多く、持ち込むためにはクルマがないと不便である。そのため、家の中に多くのリユース可能なモノを抱えているはずの高齢者にとっては、フリマアプリもリユースショップもハードルが高いものであった。

 このフリマアプリも店舗型リユースショップも手を出せていない市場に対し、今ある企業が積極的に仕掛け、急成長している。メルカリやゲオ、ブックオフすら脅かす企業の全貌に迫る。 【次ページ】メルカリも手がでない…「未開拓市場」を攻める“ある企業”

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます