開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2009/09/14

デジタルコンテンツはすべて無料に--クリス・アンダーソン『Free』を読む1【○○はビジネスになるか(1)】

ロングテールの著者が新時代を提言

インターネット上には、ニュースからエンターテインメント、Webアプリケーションサービスまで、さまざまな「無料」があふれている。コンテンツやサービスを提供する者は「究極の価格破壊」にさらされているのだ。そんななか、“情報時代のグル(導師)”と称され、ロングテール理論を提唱したことでも有名なクリス・アンダーソン氏が「デジタルのコンテンツは、皆、無料になる。それを止めることはできない」と主張して注目を集めている。

行宮翔太

行宮翔太

ローカルTV記者、全国紙記者を経て、ITやビジネス分野のライティングを手がける。NTTPCコミュニケーションズ運営時のCNET、(株)ガリレオの「Infostand」などで執筆。四半世紀以上前に数年間住んだインドが“IT先進国”になったことを、どうしても信じられない。

ロングテールの登場

 クリス・アンダーソン氏は、米『ワイアード』誌の編集長で、2006年に出版した著書『ロングテール“売れない商品”を宝の山に変える新戦略』(邦訳、早川書房刊)で一躍有名になった。さまざまな販売の現場のデータと実例を集め、インターネット時代の新しいマーケティングの変化を分析し、これに基づく「ロングテール理論」を提唱した。

 ロングテール理論とは、一言で言うと「ITの進歩によって、ニッチ商品の管理・宣伝コストが限りなくゼロに近づき、ヒット商品に劣らない利益を生むようになる」というものだ。たとえば、米国の平均的な大型書店は約10万タイトルの本を置いているが、アマゾンの販売部数の4分の1超が上位10万タイトルよりも下位の本で占められているという。店頭に置いてもほとんど売れないニッチ商品が“ちりも積もれば”式に大きな売上をもたらすというのだ。


ロングテール理論
販売数を縦軸、商品アイテムを横軸にして、商品を販売数の多い順に並べたグラフを描くと、ニッチ商品が長いしっぽ(ロングテール)のように伸びた形になることが命名の由来である。



 この理論は、広くビジネス界に衝撃を与えた。インターネットがモノの売れ方に大きな変化をもたらしたことは皆分かってはいたが、理論づけしたのは同氏の功績と言っていいだろう。

 そのアンダーソン氏の「Free: The Future of a Radical Price(Free:過激な価格の未来)」(以下、書籍は『Free』と表記する)は『ロングテール』以来3年ぶりの新著で、インターネットから発した“無料の経済”について論じている。

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!