• 会員限定
  • 2010/02/03 掲載

ディスクストレージシステム投資は21%の大幅減、「ストレージベンダーは新しい戦略が必要」

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
IDC Japanは4日、国内ディスクストレージシステム市場の産業分野別2009年通年の見通しと2010年~2013年までの予測を発表した。これによると、2009年の国内外付型ディスクストレージシステム市場投資額は、1,792億4,000万円で前年比21.0%減のマイナス成長となる見通し。

 IDC Japanは4日、国内ディスクストレージシステム市場の産業分野別2009年通年の見通しと2010年~2013年までの予測を発表した。これによると、2009年の国内外付型ディスクストレージシステム市場投資額は、1,792億4,000万円で前年比21.0%減のマイナス成長となる見通し。2008年~2013年の国内外付型ディスクストレージシステム投資における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)はマイナス4.9%と予測している。

 IDCでは、2009年上半期の国内外付型ディスクストレージシステム市場の特徴として2点を挙げた。1つめは幅広い産業分野でマイナス成長となったこと、2つめはそのほとんどの産業の減少幅が2桁台へと大幅に落ち込んだことだったという。コスト削減強化、投資見直し、大規模案件減少などの企業の厳しい投資抑制傾向は2009年下半期も継続しており、2009年通年では前年比21.0%減のマイナス成長となる見込み。

 また、2009年通年ではすべての産業分野がマイナス成長になると予測。また多くの産業分野では2010年もマイナス成長が続くものとみている。特に投資規模が100億円を超える大規模産業分野では情報サービスを除き、プラス成長に回復するのは2011年以降になると予測している。情報サービスはデータセンター、コンプライアンス対応、インターネットビジネスなどに関連する需要が継続しており、2010年には前年比3.3%増のプラス成長になると予測している。

 2008年~2013年の国内外付型ディスクストレージシステム市場におけるCAGRはマイナス4.9%と厳しい見通し。2009年、2010年はマイナス成長が継続して、2011年からプラス成長へ回復するという。

「国内ディスクストレージシステム市場は産業分野ごとの成長性や投資背景が従来とは大きく変化するため、ストレージベンダーは産業分野構成やターゲット市場の再検討に基づく新しい戦略が必要となる」(IDC Japan ストレージシステムズ シニアマーケットアナリスト 筒井 敏彦氏)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内ディスクストレージシステム市場 2009年上半期の分析と2009年~2013年の予測」(J10520101)にその詳細が報告されている。

画像
国内外付型ディスクストレージシステム市場 産業分野別シェア比較 2008年/2009年

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

関連コンテンツ

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます