開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/04/19

日本ユニシス、システム開発の生産性と品質を向上させる「MIDMOST for .NET Maris」を提供

日本ユニシスは19日、システム開発の生産性と品質を向上させる「MIDMOST for .NET Maris」を提供開始すると発表した。

 日本ユニシスは、システム開発の生産性と品質を向上させる「MIDMOST for .NET Maris(ミッドモスト フォー ドットネット マリス)」を19日より提供開始する。同社の今までの.NET開発知財を、.NETシステム開発の統合フレームワーク製品として統合・発展させたもので、クラウドサービス時代のアプリケーション開発を支えるという。

 MIDMOST for .NET Marisの特徴としては、クラウドサービス型のアプリケーション開発で利用可能な点、同社のシステム基盤「AtlasBase」により、一体化したサービスを提供できる点、システム開発において必要となる実行基盤と共通部品を提供する点、開発プロセス全般を網羅する各種ドキュメント・ツールなどの開発標準の提供を行う点などが挙げられる。

 今後は、4月13日にマイクロソフトから発表されたVisual Studio 2010や. NET Framework4.0への対応、バッチ基盤、帳票基盤など新規処理基盤の追加、および開発支援ツールの拡充を予定しており、加えて、マイクロソフトのRIA技術であるMicrosoft Silverlightにも対応していくとしている。なお同社は、本製品および関連サービスを合わせて、今後3年間で約220億円の売り上げを見込んでいるという。
画像
「MIDMOST for .NET Maris」概要図/構成

お勧め記事

開発総論 ジャンルのセミナー

開発総論 ジャンルのトピックス

開発総論 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!