開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/12/15

東芝、エンタープライズ向け2.5型SSD「MK4001GRZB」など3機種を投入 データセンター需要見込む

東芝は15日、エンタープライズ向けに2.5型400GBのソリッドステートドライブ(以下、SSD)「MK4001GRZB」など3機種を発表した。

photo
 東芝は15日、エンタープライズ向けに2.5型400GBのSSD「MK4001GRZB」など3機種を発表した。2011年1-3月期にサンプル出荷を開始する。あわせて同社初の2TBのエンタープライズ向け3.5型ハードディスクドライブ(以下、HDD)も同時期に提供を開始する。

 「MK4001GRZB」シリーズは、東芝が基本技術を開発したNAND型フラッシュメモリ技術と2009年10月に富士通から譲渡されたエンタープライズ向けHDDの技術を融合した商品。東芝はNAND型フラッシュメモリでは韓国のサムスンに次ぐ世界2位。NAND型フラッシュメモリ部門を社内に設置して、信頼性が求められるエンタープライズ向けに対応していくという。

 今回提供するSSDでは、NAND型フラッシュメモリを記憶媒体に使用することでエンタープライズ向け高速回転HDDに比べ、3倍以上高速な読み出しが可能だとしている。クラウドの進展に合わせて、データセンターやサーバーなどでの需要を見込む。

photo
今回提供される製品一覧

 東芝では今年の7月、半導体メモリの開発拠点である東芝四日市工場で第5製造棟の建設を開始(2011年春に竣工)し、NAND型フラッシュメモリの生産能力を増強している。ただ同工場では8日、停電の影響で生産が一時停止、NAND型フラッシュメモリの全世界の供給量を数%押し下げた。そのため、NAND型のフラッシュメモリの価格が大幅に上昇している。

お勧め記事

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!