開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/04/27

【民主党藤末氏コラム】震災で活躍したスマートフォン ~災害に強い情報インフラの構築を~ 第4回

連載『ふじすえ健三のビジネス+IT潮流』 

東日本大震災からもう一か月以上が過ぎた。大地震が発生したとき、私は菅総理と同じ部屋、参議院第一委員会室にいた。丁度、参議院決算委員会の最中だった。地震でシャンデリアは大きく揺れ、委員会は中断し、揺れが止まってすぐに総理は官邸に移動した。

アイアンふじすえ

アイアンふじすえ

藤末健三(フジスエケンゾウ)
民主党参議院議員
元総務副大臣 元参議院総務委員長


決算委員会中の大地震


 私はすぐに議員会館の事務所に戻ったが、エレベータはすべて止まり、壁の板は一部ずれ、地震の大きさを物語っていた。テレビを見ると津波の報道が始まった。その惨状を見ながら、今日は国会に泊まり込みで待機をしようと考えたが、結局、国会も動きを止めたため、永田町から川崎の自宅まで帰ることにした。

つながらない携帯、つながるSkype

 家族と連絡を取ろうとしたが、携帯が全くつながらない。おそらく多くの人が同時に連絡を取ろうとしてキャパシティがオーバーしているのだろう。そこで、iPhoneにアプリを入れていたSkypeを使うとなんと連絡が取れた。

 やっと家族に連絡をして、帰宅することを伝えたが、電車は動かず、道路も大渋滞でタクシーを拾うことなどできない状況だった。そこで、歩いて帰ることを決心し、国道246号線(東京から西に向かう主要道路)を歩き始めたが、すごい人だった。皆黙々と郊外に向かって歩いている。日本人は我慢強いと感じた。

Google mapが役に立つ

 私は、また、iPhoneを取り出した。MAPを見るためだ。

 人ごみの中を歩くのは時間がかかったので、MAPで現在地を確認し、246に並行して走る道を見つけて、裏道を歩いた。やはり早い。しかし、2時間ほど歩いたところで、電池切れ!MAPなしで歩いたがやはり道に迷った。見知らぬ地で勘は当てにならない。仕方なく、ラーメン屋に入り、リュックの中のPCから充電したが、なかなか充電できないので、あきらめて246に戻ることにした。

 結局、歩くこと約3時間。やっと家に近づくと家の周りは停電で真っ暗だった。足元も見えずに恐る恐る歩いた。当然、帰宅したとき家も真っ暗で、懐中電灯の下で食事をした。妻がカセットコンロを使って料理を作ってくれていた。電気がないとガスも使えないのである。また、水道も使えなかった。停電して初めて分かった。

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのセミナー

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!