開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/08/30

三菱東京UFJ銀行が中国・山東省に青島支店開設、14拠点体制に

三菱東京UFJ銀行は、2010年GDPで全国第3位を占める中国・山東省に、青島支店を開設した。

 三菱東京UFJ銀行は、全額出資子会社である三菱東京UFJ 銀行(中国)有限公司が、8月30日、中国・山東省に青島(チンタオ)支店を開設し、同日から営業を開始したことを発表した。

 山東省は、中国北部の沿海地域に位置し、2010年GDPで全国第3位を占める。なかでも青島市は、中国で最も早く対外開放が行われた都市の一つであり、日系、韓国系、欧米系など多くの外資系企業が集積、また、中国を代表する大企業も拠点を構えている。

 今回の青島支店の開設によって三菱東京UFJ 銀行(中国)有限公司では、山東省所在の顧客の利便性向上や、顧客の取引ニーズにより対応しやすい体制を目指す。中国大陸内(香港地区を除く)では、9支店(北京、大連、天津、無錫、上海、深セン、広州、成都、青島)、4出張所(天津濱海、大連経済技術開発区、広州南沙、上海虹橋)、1駐在員事務所(瀋陽)の14拠点体制となる。

お勧め記事

グローバル化 ジャンルのセミナー

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!