開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/11/13

静岡県浜松市、30年後の姿を定める総合計画にソーシャルなどのビッグデータ活用

静岡県浜松市は、30年後の姿を定める新しい総合計画(2015年4月~2045年3月)の策定に向け、浜松市への期待や市民の思いを発掘することを目的としたビッグデータ分析を活用するプロジェクトを立ち上げた。

 浜松市は、富士通と共同で2013年9月から2014年3月まで、ビッグデータの収集と分析を実施し、分析結果を30年後の浜松市を議論する浜松市未来デザイン会議で活用する。

 本プロジェクトでは、富士通の「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を利用し、過去の市民アンケートや市民インタビューなどを通じて浜松市が保有する市民アンケートデータや市民インタビューのテキストデータ、市政の要望データと、Facebook、Twitter、ブログなどのソーシャルメディア上のビッグデータを合わせて分析し、市民の潜在的な期待や問題意識、市内外から見た浜松市の印象などを抽出する。

photo
ビッグデータ分析のイメージ

関連記事
 分析結果は、市政の方向性を見いだすための情報として、30年後の浜松市を議論する浜松市未来デザイン会議で活用し、民意に即した新しい総合計画に反映する予定という。

 浜松市未来デザイン会議は、市長、公募委員、有識者などで構成され、浜松市の30年後の未来を議論し、都市の将来像、都市経営の基本、未来の理想の姿を定めていくことを目的とした策定委員会。

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのトピックス

政府・官公庁・学校教育IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!