開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/11/25

シマンテックが2014年のセキュリティ予測、IoTやニッチサイト・いいね狙われる可能性

シマンテックは25日、2014年のインターネットおよびセキュリティ事象についての予測を発表した。その予測とは、「人々がようやく、個人情報の保護に積極的な対策を講じるようになる」「どんなにニッチで目立たないソーシャルネットワークでも、詐欺師やデータ収集者、サイバー犯罪者のターゲットとなる」「『モノのインターネット』が『脆弱性のインターネット』になる」「モバイルアプリによって『いいね』を自分で過剰に稼ぐようになる」の4つ。

画像
2014年のセキュリティに関する予測
1.人々がようやく、個人情報の保護に積極的な対策を講じるようになる

 2013年はプライバシー問題が大きな話題になった。膨大な量の個人情報が共有され、病院からソーシャルネットワークまで至るところで日々収集されていることが、人々と企業の懸念点となっている。

 新製品や既存製品にプライバシー保護機能が搭載されることが予想されるなか、2014年以降には、こうした機能が本当にプライバシー保護につながるのか、議論が展開されるとシマンテックは指摘。

 一方で、プライバシー保護のために、オンラインで匿名性を確保できるTorがネットユーザー間で定着したり、SNS上で別名や偽名を使うユーザーが復活することも考えられるという。

2.どんなにニッチで目立たないソーシャルネットワークでも、詐欺師やデータ収集者、サイバー犯罪者のターゲットとなる

 新しいソーシャルネットワークが登場してユーザーを得れば、詐欺師や犯罪者も引き寄せられる。インターネット上のどんな場所であろうと、どんな接続方法であろうと、基本的なセキュリティ対策を実施して身を守る必要があるという。

関連記事
3.「モノのインターネット(Internet of Things=IoT)」が「脆弱性のインターネット」になる

 2014 年には、これまで接続されていなかったデバイスがインターネットに接続されてスマート化すると予測されている。

 その結果、膨大な数の組み込みオペレーティングシステムが稼働することになり、これらがハッカーの注目をひくと指摘。なお、セキュリティ研究者はすでに、スマートテレビ、医療機器、防犯カメラに対する攻撃が可能であることを実証しているという。

 こうしたシステムは攻撃に対して脆弱なだけでなく、脆弱性が見つかったときに消費者や取引先に通知する方法も定まっていない。新しい脅威が今まで想像もしなかった方法で出現するようになるとした。

4.モバイルアプリによって「いいね」を自分で過剰に稼ぐようになる

 2013年には写真共有サイトのInstagramへの投稿に対して「いいね」を獲得するモバイルアプリが登場した。ロシアにいる何者かにパスワードを含むログイン情報を渡すだけという手軽さだが、10万人以上のユーザーに利用されているという。

 人々はモバイルデバイスやそのアプリを信頼しきっているが、2014年は犯罪者にこの点を付け込まれてしまうだろうと指摘した。

セキュリティ総論 ジャンルのセミナー

セキュリティ総論 ジャンルのトピックス

セキュリティ総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!