開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/04/07

JAXA、スーパーコンピュータシステムを刷新 2016年4月より全面稼働へ

富士通は7日、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)のスーパーコンピュータシステムとして、「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」(以下、「PRIMEHPC FX10」)の後継機を中核にしたシステムを受注したと発表。

関連記事
 JAXAでは、ロケットエンジンの流体・熱・構造の研究や航空機機体空力騒音に関する研究分野で、シミュレーション技術の適用を進めている。これらの分野では、乱流、音響などの状態の変化のシミュレーションといった大規模なデータ解析が盛んになっており、計算処理能力の向上が求められている。

 富士通は今回、前述の研究分野において「PRIMEHPC FX10」の後継機を提案。JAXAが保有するアプリケーションでの実効性能と資産の移行、環境負荷の軽減、使いやすさなどが認められ、導入が決定されたという。

photo
イプシロンロケットの低騒音射点シミュレーション
(画像提供:JAXA/情報・計算工学センター)
 新スーパーコンピュータシステムは「PRIMEHPC FX10」の後継機を中核にして構成され、システム全体の理論ピーク性能は3.4PFLOPS(ペタフロップス)で、既存システムの約24倍。同システム導入後は、人工衛星が取得した画像などのデータ補正処理も実施する予定となっており、これまで数ヶ月を要していた処理時間を大幅に短縮できる予定だ。

イノベーション ジャンルのセミナー

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!