開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/03/13

三陽商会がオムニチャネル推進 2015年夏より「SANYOオムニチャネル基盤」が稼働開始

ファッションアパレル企業の三陽商会は13日、店頭とECサイトを融合させるほか、外部WEBサイトとの情報共有を行う「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築を開始した。

 「SANYOオムニチャネル基盤システム」では、同一の基盤上で複数のEC店舗の運営や、店頭在庫も含めた在庫の販売等を行うことで、リアル店舗とEC店舗の融合を目的としたシステム。

photo
SANYO オムニチャネル基盤
(将来構想)
photo
顧客の行動はすでに
オムニチャネル化している



 三陽商会では今回、NTTデータが提供する外部サイトの連携を前提に設計された「BizXaaSオムニチャネル」をアパレル業界として初めて採用。自社店舗・ECサイトだけでなく他社のECサイト等へ同じ情報を提供することが可能となり、ECチャネルが簡単に拡がるオムニチャネル基盤を実現するねらい。同システムは、2015年夏より段階的に稼働開始予定だ。

関連記事
 今回NTTデータは「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築に加え、稼動後のシステム保守・運用サービスを受託。システム構築と保守・運用サービスを一貫して提供し、システム稼動後も継続的に三陽商会を支援していく。

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!