開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2015/07/08

GEとNTTドコモ、IoT分野で業務提携

GEエナジー・ジャパン(以下、GE)とNTTドコモは8日、GEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-Orbitプラットフォーム(以下、Orbit)」と、ドコモの通信モジュールを連携させた新たなIoTソリューションの提供について、業務提携を実施すると発表した。

 ドコモの通信モジュールを内蔵したGEの「Orbit」は、インフラ設備を持つ民間企業や自治体向けに提供され、遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道などの設備に設置することで、インフラ設備の温度や振動などの稼働データをリアルタイムに監視することが可能になる。

 また、「Orbit」で取得したデータを、ドコモがIoTクラウドプラットフォーム「Toami」上で提供するアプリケーションなどと連携させることで、インフラ設備の稼働データをスマートフォンやタブレットなどを通じて管理し、故障防止に向けた予兆診断や老朽施設の保全に役立てることが可能になる。

photo
GEとNTTドコモ協業の内容(イメージ)

 GEでは、法人向け機械間通信サービスにおける多くの運用実績を持つドコモの通信モジュールを、電波状況の確認試験の結果も踏まえ、採用することになったという。

 一方ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の展開に向け、産業用機器の世界トップメーカーとしてIoTの発展を牽引するGEとの連携を推進していく考え。


IoT関連記事

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!