開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/07/30

ガートナーが指摘する、CIOなら知っておくべきアジャイル開発についての10項目

米調査会社のガートナーは、「アジャイル開発についてCIOが知るべき10の事柄について」を発表しました

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
Gartner Highlights 10 Things CIOs Need to Know About Agile Development

 企業の多くがデジタルビジネスのプレッシャーを受ける中で、従来の開発プロセスは現在の状況に合わなくなってきているとガートナーは指摘しており、それゆえにアジャイル開発が注目されているとのことです。

 イノベーションのための取り組みの要素の1つとしてアジャイル開発はCIOにとって欠かせないものとなっており、そうしたCIOへのアドバイスとして、ガートナーは次の10項目をあげています。以下はポイントだけを要約しています。

その1:アジャイル開発は1つではない
(No. 1: Agile is not one thing)

 アジャイル開発の方法論には複数ある。それぞれがよく知られており、かつとても具体的なソフトウェア開発方法論だ。まずはその中から1つを選び、組織に適用することだ。

その2:アジャイル開発は「好みで選んで組み合わせる」方法論ではない
(No 2: Agile is not a "pick'n mix" methodology)

 アジャイル開発の方法論はきわめてシステマティックであり、それぞれの要素はどれも成功に欠かせないものだ。よくある間違いは、こうした要素のいくつか、たとえばスプリントだけを取り上げてほかは無視や軽視してしまうことだ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!