ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2015年11月26日

新しい習慣を身につけるのに必要な日数は? オリンピック金メダリストを生んだ教育法

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンは、長年の研究によって人間が「何か新しい習慣を身につけるために要する時間」を明らかにした。「人の習性はそうそう変わるものじゃない」といわれるが、習慣にさえしてしまえば、困難だったことも容易になる。オリンピック3大会で18個もの金メダルを獲得した元競泳選手のマイケル・フェルプスもまた、「有用な習慣」を身につけたことで成功した1人だ。

執筆:ゲアリー・ケラー/ジェイ・パパザン (訳: 門田美鈴)

photo

すべてに「規律正しくなる」必要はない!

 やらなければならないとはわかっているが、実際にはできていないことがあるとき、よく「もうちょっと規律が必要だ」と言われる。しかし実は、必要なのは実行する習慣であり、その習慣を身につけるのに十分な規律さえあればいいのだ。

 「規律」は「習慣」と強く結びつき、成功の土台になる。自分を律するというのは、特定の行動が取れるよう自分を訓練することだ。それをつづければ、やがて日課に、つまり習慣になる。

 だから、「規律正しく」見える人がいたら、本当はその人は日常生活でいくつかの習慣を身につけた人なのだ。そうした習慣によって、実際はそうでなくても「規律正しく」見える。本当に規律正しい人などいない。

 そもそも、そうなりたい人などいるだろうか? あらゆる行動を型にはめ込み、訓練によってそれを維持するということは、とうてい不可能であり、また、ひどく退屈にも思える。

 成功するために規律正しい人間になる必要はない。事実、一般的に考えられているほどすべてに規律正しくなくても、成功することはできる。理由は単純だ。成功するためには正しいことを行う必要があるが、すべてを正しく行う必要はないからだ。

 成功の秘訣は、正しい習慣を見きわめ、訓練してそれを自分のものにすることだ。それだけだ。その習慣が生活の一部になれば、規律ある人に見えるようになるが、本当にそうなるわけではない。

 目指すべきは規律正しい人ではなく、日常で役立つものを身につけた人であり、それは日常的にそれに取り組むことで獲得できる。有用な規律を選んで実践し、効果的な習慣を身につけるのだ。

 アテネ、北京、ロンドンと、オリンピック3大会で18個もの金メダルを獲得した元競泳選手のマイケル・フェルプスは、子どものころ、注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断された。幼稚園の先生は母親にこう言った。「マイケルはじっと座っていることができません。静かにしていることもできない…素質がないんです。息子さんはどんなことにも集中することができないでしょう」。

 しかし今日、母親は「マイケルの集中力にはびっくりさせられたわ」と話す。どうやってそうなったのか? 「どんなことにも集中することができなかった」少年が、どうやってこれほどのことをなしとげたのか?

 フェルプスは自分にとって有用な規律を身につけたのだ。

 14歳のときから北京オリンピックまで、フェルプスは週に7日、1年365日、練習をしてきた。毎日6時間は水の中にいた。フェルプスは一つの規律に全力を注ぎ、それが習慣――毎日泳ぐこと――になったといえるだろう。

photo

(クリックでamazonへ)

 正しい習慣を身につければ、その報いは大きい。成功をもたらしてくれるのだ。しかし、ときに見落とされがちな別の思いがけない効果もある。それは生活をシンプルにしてくれることだ。何をすべきで何をすべきでないかがわかるから、生活がよりシンプルになる。事実、適切な習慣を身につければ、他のことではそれほど自分を律する必要がなくなるのだ。

 マイケル・フェルプスはプールで自分のスイートスポット、つまり核となるものを見つけた。やがて、そのための規律を見つけることで、人生を一変させる習慣を身につけたのである。

【次ページ】 習慣の力をうまく活かす3つのポイント

プロジェクト管理 ジャンルのトピックス

一覧へ

プロジェクト管理 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

人材育成記事

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング