開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/03/14

ヤフーがアジャイル開発で変えた”サービスの作り方” 何をではなくなぜ作るのか

ヤフー 荒瀬中人氏(後編)

変化の速いビジネス環境に対応するために、多くの企業がアジャイル開発の採用を進めています。本記事では、2月18日に行われたDevelopers Summit 2016のセッション「現場から変えた”サービスの作り方” ~何を作るのかではなくなぜ作るのか~」で紹介された、Yahoo! Japanにおけるアジャイル開発の導入と実践、そして改善がどのように行われたのかについての内容を記事にしました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

前編はこちら

SCRUMを導入するときにサポートすること

photo

 私たちがアジャイル開発をサポートするときに気をつけたりしているポイントなどを紹介します。

 私たちのサポートは、大きく分けて導入のサポートと実際に改善するときのサポートの2つです。

 導入サポートについて。

 まず、セミナーや勉強会など、SCRUMってなんですか、なにができるのですか、などを体験してもらったりします。

 次にチーム設計で役割やル―ルなどを決め、スプリントを始める前に、中長期の計画を作ります。

 そしてもっとも力を入れるのが、目指すチーム像の決定です。

 理想のチームはどういうものか、理想のチームにあったゴールとはどういうものか。これを考えないと、チームの改善がどこへ向かっているのか分からなくなる。

photo

 また、メンバー同士はなにを期待しているのか、どういうスキルがあって、こういったことが貢献できますとか、私はこういう成長がしたいですとか、どういうマインドを大事にしているのか、といったことをすり合わせます。

photo

 ここですりあわせをしないと無理な期待がかかったり、無理な作業が発生したりするので、無理なく成長しゴールを迎えるチームになるために必要です。

 これらがSCRUM実践前に私が行うサポートです。

【次ページ】 チームのSCRUMマスターと定期的に1オン1

開発総論 ジャンルのトピックス

開発総論 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!