開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/08/23

フロスト&サリバンがポケGOに見る、2020年ゲーム市場を動かす3つのビジネスドライバー

ゲーム産業では、日本や米国、欧州、韓国など、主要市場が飽和状態となる懸念がある。また、インドネシア等の新興市場におけるオンライン決済手段の不足といった問題が、ゲーム市場の成長における主な課題となっている。しかし、フロスト&サリバン ジャパン ICTリサーチ部門ディレクター マーク・アインシュタイン氏は、世界的にヒット中の「Pokémon GO」を例に挙げ、「3つのビジネスドライバーが市場を動かすので、ゲーム市場は2020年まで明るい」と断言する。「3つのビジネスドライバー」とは何か。市場は2020年、2030年と、どう変わっていくのか。

(聞き手・構成: 編集部 佐藤 友理、執筆:吉田 育代)

photo
「Pokémon GO」の登場で市場はどう変わったのか
(写真:iphonedigital/Flickr



2020年ゲーム世界市場規模予測

photo
フロスト&サリバン ジャパン
ICTリサーチ部門ディレクター
マーク・アインシュタイン氏
 フロスト&サリバン ジャパン マーク・アインシュタイン氏は、モバイルゲーム及びコンソールゲームの世界市場の規模に関し、「2015年には520億米ドルであったものが2020年には650億米ドル以上に成長する」と予測した。

 同社がいう「モバイルゲーム」とは、PC以外の汎用的なハードウェア(タブレット、スマートフォン、スマートウォッチなど)とその上で動くソフトウェアでプレイするゲームを指す。同じく、「コンソールゲーム」とは、独自開発のハードウェアとその上で動くソフトウェアでプレイするゲームを示す。巷間、モバイルゲームに関していうと市場は飽和状態にあり、勝者と敗者が固定化する傾向が見られる。

 しかし、同氏は「市場は全体的に見通しが明るい」とする。現在、世界的にヒット中の「Pokémon GO」は1日100万ドルの利益を上げているという。このような現象を起こせるゲームビジネスに、まだ大きな可能性はありそうだ。

市場を動かす「3つのビジネスドライバー」

関連記事
「見通しが明るいのは、3つのビジネスドライバーがゲーム市場を動かすからです。第1のビジネスドライバーは、マイクロペイメント(少額決済)の新興国への広がりです。これまで新興国市場ではクレジットカードやプリペイドカードなどの決済手段が普及しておらず、これらを使ったマイクロペイメントが難しい状態でした。しかし、今後、通信事業者がマイクロペイメントの担い手になりつつあり、ゲームメーカーが新興国でも収益を上げる道が開かれています」(アインシュタイン氏)

 第2のビジネスドライバーは新しいテクノロジーの活用だ。「Pokémon GO」のヒットは、まさにこれを立証した形となった。

 現実世界を移動しながらモンスターを捕まえるこのゲームでは、AR(拡張現実)がユーザーにかつてない新鮮なゲーム体験を提供した。このように、新しいテクノロジーはゲーム業界にとって常に活性剤の役割を果たす。

 第3のビジネスドライバーは、新しいビジネスモデルの適用だ。「Pokémon GO」は、他業種とのコラボレーションという新しいビジネスモデルを開拓したという点でも画期的だった。日本では日本マクドナルドと協業、国内の全店舗約2900店が、他のプレイヤーと戦える「ジム」、アイテムが手に入る「ポケストップ」になったのである。これによって、「Pokémon GO」の開発元は、通常のアプリ内課金に加えて、日本マクドナルドからの資金も受け取ることができる。

「モバイルゲーム業界は、ここ数年新しいビジネスモデルを模索してきました。今後、他のゲームメーカー、コンテンツホルダー、ゲームと親和性の高い事業者がこのモデルの発展形を追求していくでしょう」(アインシュタイン氏)

【次ページ】2030年ゲーム世界市場予測

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!